ご両親に喜ばれる、「憧れの街・銀座」の観光スポット7選

2017年8月13日 16:00
 


大人の街・銀座。若い世代はもちろん、親世代にとって憧れはひとしお。なかでも地方在住者の憧れは大きいに違いありません(『銀座の恋の物語』のメロウなメロディが脳内再生される…なんて人もいるかも)。そこで、もしご両親が上京する機会があった時に案内してあげてほしい、必見のスポットをピックアップ。銀座巡りに活用してみてください!

日本最古の画廊はパーラーの地下に。

「資生堂ギャラリー」



東京でも歴史があり、指折りのフルーツパーラー「資生堂パーラー 銀座本店」。その地下にひっそりと居を構えているのが、現存する日本最古の画廊ともいわれる「資生堂ギャラリー」です。

「新しい美の発見と創造」を活動理念として、1919年にオープンして以来、開催された展覧会は3100回以上。非営利の活動を貫きつづけ、鑑賞は無料です。銀座らしい現代美術の最前線に触れる、アートな時間。そこには、ご両親がイメージしたとおりの“小洒落た銀座”の空気があります。

【住所】東京都中央区銀座8-8-3東京銀座資生堂ビル地下1階
【電話番号】03-3572-3901
【営業時間】平日11:00~19:00日曜・祝祭日11:00~18:00
【休日】月曜日※月曜日が祝祭日にあたる場合も休館
【アクセス】地下鉄銀座駅A2出口より徒歩4分、地下鉄新橋駅1番出口より徒歩4分、JR新橋駅銀座口より徒歩5分

 

[関連記事]
【銀座なのにタダ!】行ってみて欲しいギャラリー5選

 

 

2017年最注目!銀座エリア最大の商業施設
「GINZA SIX」

 

ブランドショップからカフェ、レストラン、書店や屋上庭園、はては能楽堂までが入った大型複合商業施設「GINZA SIX」。4月20日に開業した、2017年で最も注目を集めている銀座エリア最大の施設です。


注目されている理由はいくつもありますが、まずはFEINDIやMOSCHINO、KENZOなどの世界をリードするファッションブランドの旗艦店が入っていること。また、歴史あるブランドの日本初上陸店も集結しており、日本のファッション界を引っ張る場所であることでしょう! さらに、施設内のあちこちで展開される芸術家・草間彌生さんらのアート作品も必見。洗練されたアートも肌で感じることができます。

【住所】東京都中央区銀座6-10-1
【営業時間】物販・サービス 10:30〜20:30飲食 11:00〜23:30(店舗により異なります)
【TEL】03-6891-3390
【アクセス】東京メトロ 銀座線・丸の内線・日比谷線「銀座」駅 A3出口より徒歩2分

 

[関連記事]
今、東京一のホットスポットとして注目される 「GINZA SIX」はもう出かけた!?

 

 

手軽な鑑賞からグルメ、買い物も!

「歌舞伎座」

 

少し趣向を変えて、銀座で伝統芸能を感じるのも乙なもの。2013年に建て替えられた「歌舞伎座」は東銀座駅から直結しています。



とはいえ、「歌舞伎ってチケット代が高いし…」と思う人もいるでしょうし、親御さんも心配するかも。けれど、好みの一幕をサクッと鑑賞できる「一幕見(ひとまくみ)」という当日券なら千円以下で購入できることも。また、歌舞伎スイーツ「揚巻ソフト」や歌舞伎役者になれると人気の「歌舞伎フェイスパック」も売店で購入できるなど、鑑賞しなくても十分に楽しめます。

【住所】東京都中央区銀座4-12-15
【電話番号】03-3545-6800
【営業時間】10:00~18:00
【休日】年末年始および展示入替時
【アクセス】東京メトロ日比谷線ほか「東銀座駅」直結

 

[関連記事]
東銀座で行っておきたい「一流芸術を楽しめる殿堂」と「最も話題のグルメな店」

 

 

歌舞伎役者も愛するプルプルのオムライス

「喫茶YOU

歌舞伎座を満喫したら、その真横にある喫茶店でひと休み。ここ「YOU」は創業40年以上の老舗。多くの歌舞伎役者に愛されていることでも有名なお店です。

2階建てのレトロなお店でいただけるのが、看板メニューの「オムライス」。プルプルの卵がたまりません! 独自の濃度に調整したホイップクリームを使用しているそうですよ。ちょっとした小休止にぴったりですね。

【住所】東京都中央区銀座4-13-17 高野ビル1F
【営業時間】ランチ11:30~15:00 you飯 15:00~20:30(L.O.)
【定休日】無休
【電話番号】03-6226-0482
【アクセス】東銀座駅から115m

 

[関連記事]
忙しい現代人に癒しを…いつもと気分を変えられる「銀座の純喫茶」3選

 

 

間違いのない東京土産。

老舗和菓子店「空也」のもなか

 

東京土産をお探しだったら、老舗の和菓子。明治時代に上野で創業し、昭和24年に銀座に移転した「空也」は、餡からすべて手作りにこだわり、その日に作ったものをその日に売り切るというお店です。



超人気店ゆえに、予約は必須。1ヶ月前から予約できるので、ご両親が上京してくる日に合わせて予約しておきましょう。「空也もなか」は焦がし皮に自家製のつぶし餡を入れた逸品。常温で1週間ほどは日持ちするそうです。

【住所】東京都中央区銀座6-7-19
【電話】03(3571)3304
【営業時間】[月~金] 10:00~17:00 [土] 10:00~16:00
【定休日】日曜・祝日
【アクセス】地下鉄銀座線・丸ノ内線・日比谷線:銀座駅より徒歩5分、JR:有楽町駅・新橋駅より徒歩10分

 

[関連記事]
失敗しない!上司や同僚に…接待でも喜ばれる東京スイーツ3選

 

 

隠れ家的なフレンチに酔いしれる

ビストロ「LeBonze」

 

憧れの銀座ですから、ディナーは特別なものにしたいもの。隠れ家のような佇まいのカジュアルなビストロはいかがでしょうか。



東銀座駅から徒歩5分。大通りを1本入ったところにあるビルの3階に「LeBonze」はあります。“Bonze”とは、フランス語で“僧侶”の意。オシャレな雰囲気とのギャップも素敵ですね。



出てくるのは、銀座の有名フレンチで腕を磨いたというオーナーシェフが提供する間違いのない料理の数々です。リーズナブルで美味しいワインも常時80種類ほど揃っているので、予算に応じて相談しつつ、楽しんでみては?

【住所】東京都中央区銀座4-10-1 銀座AZAビル 3F
【営業時間】17:00~翌1:00
【定休日】毎月曜日
【電話番号】03-5565-3055

 

[関連記事]
そろそろ銀座デビュー、してみない?ちょっと背伸びして行きたいビストロ

 

一味違う“寿司”を愉しむなら…

「鮨處やまだ」

 

銀座といえば寿司屋も有名ですね。もちろん超高級店も良いですが、一味違った寿司を食せる隠れ家的なお店を選んでみたらご両親も喜んでくれるかもしれません。



銀座7丁目の小さなビルの3階にある「鮨處やまだ」は、お寿司を熟成させる「熟成寿司」の火付け役と言っても過言ではないお店。カウンター席のみの落ち着いた雰囲気です。



魚の状態によって決められるという、熟成期間。長い時は1ヶ月以上も熟成させることもあるんだそう。ちなみにこの写真は「4日間熟成の鯵」。大将渾身の握りにメロメロになること間違いなしです。

【住所】東京都中央区銀座7-2-14 第26ポールスタービル 3F
【営業時間】月〜金:17:00~翌1:00/土:17:00~22:00
【定休日】日曜・祝日
【電話番号】03-3572-7534
【アクセス】内幸町駅から367m

なかなか足を踏み入れにくい、大人の街・銀座。ご両親の案内ついでに、自分でも楽しめるようになれるとよいかもしれませんね。

 

[関連記事]
新しい「銀座でお寿司」の楽しみ方、教えます。”ひとネタある”寿司屋3選

 

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
ピックアップ
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2017 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.