くらし情報『ホントは教えたくない東京の穴場お花見スポット。女子200人に聞いた!』

ホントは教えたくない東京の穴場お花見スポット。女子200人に聞いた!

2018年3月31日 08:00
 

関連リンク

・ニャンコと一緒に旅に出よう!5月2日(水)から「岩合光昭の世界ネコ歩き2」開催
・日本三名園に春が来た♡「水戸の梅まつり」で絶景を堪能
・グラスに繊細な華を咲かせる。浅草で楽しむ江戸切子体験

桜が満開になり、花見は盛り上がりを見せている真っ只中!

しかし有名なお花見スポットはどこも人、人、人…。せっかくお花見に行っても、混雑にうんざりしてしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで、比較的足を運びやすい「教えたくない東京のお花見スポット」を、女子200人に教えてもらいました!



 

【飛烏山公園】
「桜の木がぎっしりでとても綺麗な景色が楽しめるが、地元の人がのんびりと花見できるゆとりがあるため」(36歳)

「混雑したら目の前の親水公園に移動すれば石神井川の並木道のお花見も楽しめて、二度おいしい」(37歳)

「夜桜を見るなら飛烏山公園は上野公園よりも比較的空いている」(39歳)

 

八王子駅からすぐにある「飛鳥山公園」は、桜のほかにもツツジも有名な公園です。広い公園内には博物館や古墳などもあり、お花見のみならず楽しめそう!新宿駅から電車で20分弱と、アクセスも良好です!

 

 

【砧公園】
「家族連れが多く落ち着いている」(24歳)

「広いし桜がたくさん楽しめる」(20歳)

「広くて人が多すぎずに好きで毎年行っている」(35歳)

 

世田谷区にある「砧公園」も、広くてゆっくりとお花見ができる隠れスポットとして挙げてくれた方が多くいました。都心にありながら緑豊かで広大な芝生が広がり、のんびりお花見をするにはもってこいの場所です!

 

 

【井の頭公園】
「いせやの焼き鳥が買える」(37歳)

「そこまで混んでいない」(30歳)

「池のほとりは人通りが少なく、そこそこ桜が見えるから。また、地面が土だけど雨に濡れても柔らかくならないので座っていられる」(20歳)

 

桜の名所でありながら、混雑が少ないという声の多かった吉祥寺にある「井の頭公園」。池に映る桜が見られる、風情のあるお花見スポットです。そして吉祥寺を代表する老舗焼き鳥屋「いせや」が公園前にあり、そこの焼き鳥を食べながらお花見ができるという魅力的なコースも堪能してみたいですよね! 

 

【芦花公園】
「しだれ桜が綺麗」(36歳)

「桜以外の花もあっていろいろ見ながら楽しめ子供の遊具も充実しているので」(38歳)

 

世田谷区にあり、静かで自然が多い「芦花公園」も、電車やバスを利用すれば簡単にアクセスできる公園です。桜ももちろん綺麗ですがその他にもたくさんの花が植えられているので、のんびりと春を満喫できそうです!

 

 

さてさて、「教えたくない」(37歳)、「ひみつ」(32歳)など、実際どんなどころなのか気になる意見も多かった一方、こんな声も少なくありませんでした。

 

「近所の公園」(24歳)

「近所の小学校」(24歳)

「自宅のベランダ」(35歳)

 

桜の時期になると、「こんなところに桜があったんだ!」と驚かされることってありますよね。

お花見の有名スポットで、お祭り気分を味わいながらワイワイと楽しむのも良いけれど、のんびりとお花見を楽しみたいという方は、これらの声を参考にしたり、自分だけのお花見スポットを探してみてはいかがですか?

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.