くらし情報『東京初! 歩く感覚の不思議な乗り物レンタルサービス開始!』

東京初! 歩く感覚の不思議な乗り物レンタルサービス開始!

2018年4月5日 16:00
 

関連リンク

・トークショーも開催! 写真展「岩合光昭の世界ネコ歩き2」
・チョコ×マシュマロの最強コンビ!期間限定スヌーピーコラボパイ登場
・年に一度! 築地恒例「半値市」が今年もやってくるよ~っ

2018年4月7日(土)、歩くより速くて自転車より気軽な乗り物「walking bicycle」のレンタルサービスが東京で初めてスタート!場所は、walking bicycle club(ウォーキングバイシクルクラブ)が運営する表参道の「wbc tokyo showroom」。この店舗のリニューアルオープンに伴い、4月7日(土)~4月15日(日)に、「Japan」にこだわったPOP UP SHOPもオープンします。



 

3つの車輪、サドルがない電動乗り物

「walking bicycle」は、3つの車輪を持ち、歩くような動作をペダルに伝えることで、電動アシストにより前進する乗り物。転びにくく、サドルがないのでまたがる必要がなく簡単に乗れます。しかも、排気ガスは出ないので空気もきれい。道路交通法における普通自転車の規格に準拠しているので、一般の自転車同様に公道を走ることも可能。幅広い世代から「楽しい」と高く評価されている乗り物なんです。



開発は、国際的な自動車部品メーカーとして知られる片山工業の技術開発チームに、第一級のデザイナーやブランディング専門家が“アドバイザリースタッフ”として参画。高い技術とデザイン性を備えた、メイドインジャパンのニューモビリティーは、国外からも注目を集めてきました。

その「walking bicycle」の試乗、販売をメインとする「wbc tokyo showroom」が、2014年、表参道にオープン。これまでたくさんの方から「レンタルしたい」という要望があったそうで、今回、リニューアルするにあたってレンタルサービスを開始することになったそうです。初めてでもスタッフが丁寧に乗り方を指導してくれるので安心。英語にも対応しているので、海外からの観光客にもオススメ。料金は、3時間1,000円です。

 

日本のよさを感じるポップアップショップにも注目

wbcが大切にしているのは、health conscious(ヘルスコンシャス)・eco-friendly(エコフレンドリー)・made in japan(メイドインジャパン)。これをテーマにした物販(POP UP SHOPを含む)やイベントも随時開催するそうです。リニューアル記念POP UP SHOPとしては、デザイン事務所「cifaka」が運営するカフェ・デザインストア・アートギャラリー「CCCSCD」に並ぶ商品の一部を、4月7日(土)~4月15日(日)まで販売。



日本人作家によるミニマルタッチなテーブルウェアや岡山産のお茶やお米など、こだわりいっぱいのセレクションとなっています。



POP UP SHOPで商品を購入するか、または「walking bicycle」レンタルを利用すると、2018年5月31日(木)まで有効の無料レンタルチケット(ご利用1度限り)がプレゼントされるそうです!walking bicycleで東京を走りながら、日本の春を満喫しませんか?

 

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.