くらし情報『入場無料「ディオールアートオブカラー展」表参道で開催!』

入場無料「ディオールアートオブカラー展」表参道で開催!

2018年4月6日 18:00
 

関連リンク

・西野七瀬“21歳の誕生日”写真にファン歓喜「いつでも全盛期!」
・プロの力を借りて劇的変身! 【MINEルームへようこそ/vol.1】
・ユニークな姿でお部屋の片隅を可愛く演出♡サボテンと多肉植物の飾り方まとめ☆

すっかり春らしいファッションに身を包んだ人々で街が彩られるようになってきた、今日このごろ。まさに今の季節にぴったりの「ディオールアートオブカラー展」が、2018年4月12日より、表参道のSO-CAL LINK GALLERYにて開催されます。



アートオブカラーって??

「アート オブ カラー」は、12色のディオール ブランドのカラーからインスピレーションを得て、才能溢れるアーティストやクリエイター達のカラーへの情熱を表現したアートブック。ディオール メイクアップ クリエイティブ & イメージ ディレクターのピーター・フィリップスや歴代のアーティスティック ディレクターを務めたセルジュ・ルタンスやティエンらの作品や言葉を通してディオール ビューティの歴史を紐解いていくことができます。数多くの色を操る偉大なアーティスト達の作品を、12色のカラーに分類した章に渡って紹介した一冊。2016年10月の刊行以来、「アート オブ カラー」は、NY(アメリカ)、アルル(フランス)、ドバイ(アラブ首長国連邦)、ソウル(韓国)、上海(中国)にて開催され、多くの人を魅了し、人気を博してきました。そんな「アート オブ カラー」のエキシビションが今回、東京・表参道で開催されるのです。

 

ディオールビューティーの歴史

1949年にアヴェニュー・モンテーニュのディオール本店にて、口紅「ルージュ ディオール」が限定品として紹介され、色鮮やかなディオール ビューティの歴史が始まりました。深紅に彩られた唇は、ディオールのスピリットを象徴するニュールックと絶対的なフェミニニティを体現しています。「女性の笑顔をドレスアップしたい」というクリスチャン・ディオールの思いが込められたルージュディオールは、今日も多くの女性に愛されています。1967年からセルジュ・ルタンスが、1980年にティエンがアーティスティック イメージディレクターに就任し、ディオール ビューティは大胆な色使いや多彩な才能で人々を魅了しました。そして今日、ピーター・フィリップスがディオール メイクアップにモダンな風を吹き込みながら、ディオール メゾンの真髄であるカラーの素晴らしさや重要性を表現しています。


 

「ディオールアートオブカラー展」限定!アイシャドウパレット

ディオール メイクアップ クリエイティブ &イメージ ディレクターのピーター・フィリップスが、「アート オブ カラー」にインスピレーションを得て、クリエイトした特別なサンク クルールが2018年4月12日(木)より、ディオール オンラインブティック、GINZA SIX、表参道ブティック限定で発売!赤や白、ブルーをはじめディオールにとってかかせない色が揃ったパレットには、「ART OF COLOR」のエンボスが施されています。貴重なコレクターズ アイテムは、数量限定のためなくなり次第終了!ぜひ早めにチェックしておきたいですね。



カラーが女性を美しく、幸せにしてくれるものであることを改めて実感するとともに、ディオールの先駆性や大胆さを、旅するように発見出来る「アート オブ カラー」展。ぜひお出かけしてみてはいかがでしょうか。新しい春のメイクアップのインスピレーションが受けられるかもしれませんよ。

 

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.