くらし情報『もうすぐひな祭り。「初節句」ってみんなどうしてる?かかるお金や人形のタイプなど、イマドキの実態を調査~!』

2019年2月27日 19:01

もうすぐひな祭り。「初節句」ってみんなどうしてる?かかるお金や人形のタイプなど、イマドキの実態を調査~!

Middle img 3fb07ce4 3c05 4ccf 9a83 75575ca9789a

「初節句」、お祝いどうする?
「初節句」とは、“生まれた子が初めて迎える節句”という意味。女の子は3月3日「上巳の節句」、男の子は5月5日「端午の節句」がその日にあたります。
伝統的な文化としては「祖父母からひな人形や五月人形がプレゼントされる」というものですが、現在は生活スタイルの変化により「我が子のために親が準備する」家庭も多くなりました。

祖父母も合同で祝うことの多い「初節句」。人形や予算、食事会をするかしないか……などなど、株式会社ベビーカレンダーが『初節句(ひな祭り)に関する実態調査』を行ってくれましたよー!
初節句の総額、平均は「約12万円」

Main

女の子のママ・パパ876名を対象にした調査によれば、「初節句のお祝いをする」と答えたのは91.2%。
8.8%の方が「しない」と答えたそうですが、理由は「生まれて間もないので翌年に持ち越し」など。お祝い事や食事会などは、やはりママと赤ちゃんが落ち着いてからが安心ですよね。

また「かかった費用」に関しては、
・10〜20万円未満
が最も多く、30万円未満の方が多かったよう。内訳的には「ひな人形代」が多くを占めており、みなさん我が子に素敵なひな人形を準備してあげていることが分かりますね~。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.