くらし情報『シンデレラマナーに学ぶ愛され女子入門1【出会った瞬間、忘れられない人になる編】』

シンデレラマナーに学ぶ愛され女子入門1【出会った瞬間、忘れられない人になる編】

2015年7月21日 20:03
 

シンデレラマナーに学ぶ愛され女子入門1【出会った瞬間、忘れられない人になる編】


今回から4回にわたり、マナー講師として活躍中の桜美月先生を招き、桜先生が提唱している“シンデレラマナー”を会得するための講座を開講いたします。

シンデレラマナーとは、「食事のときは○○してはいけない」「目上の人には○○すべき」といった、堅苦しく暗記せねばならないようなマナーではなく、相手のことを思って自然と「~したい」という気持ちから発生するものこそ、シンデレラマナーなのだと言います。

このシンデレラマナーは食事シーンやビジネスシーンだけでなく、恋愛シーンにも有効! そこで、恋愛シーンにおいて身に着けておくとよいシンデレラマナーをご紹介いたします。

第一回目の今回は、「出会いのシーンでのシンデレラマナー」。恋愛は初対面で相手に与える印象がとても大切ですよね。そんな際に、以下の3つのステップを意識して出会いのシーンを演出してみてください。必ずや「また会いたい」と思わせる女性になれるはずです。

■ステップ1:自己紹介は「あ」「い」「う」「え」「お」で

恋愛シーンに限らず、初対面の相手に自己紹介する際に心得たいシンデレラマナーがあります。それは、会話美人になるための「あいうえお」の法則。

「あ」 愛をもって/温かく相手に接する

「い」 慈しむ/相手を見守るように見つめる

「う」 嬉しい/出逢えたことの喜びを伝える

「え」 エレンガント/優しくゆっくりとしぐさを意識する

「お」 おおらかに/相手に対しおおらかな気持ちで

自己紹介というと、ついつい自分をアピールする場だと捉えがちですが、愛され女子になるためにはそういった押しのスタンスではなく、この「あいうえお」のような相手を主軸に据える引きのスタンスこそ重要なのです。

「私は過去こんなすごい経験をした」「こんな素晴らしい特技を持っている」といった自己顕示をする自己紹介ではなく、あくまでもすてきな出会いに感謝の気持ちを示したうえで、相手の興味のありそうなことや、相手が自分に対して知りたがっていることを意識することで、好印象を与える自己紹介をすることができるようになります。

■ステップ2:目線で相手の心をつかむ

初対面の際、会話の内容ももちろん大切なのですが、それ以上に大切なのが実は“目線”。目線の動かし方ひとつで話を盛り上げたり、相手の注意を引くことが可能なのです。

特に身に着けておきたいのが、グループでの会話時の目線の配り方。気になる男性ひとりだけを見つめるのではなく、全員の目をまんべんなく見ることが肝心です。しかしキョロキョロと視線を動かしすぎると、話がつまらないのかと勘違いされることもありますので、会話している方の目線に意識をおきつつ、点と点を結ぶ要領で全体にゆっくりと目線を移動させると、上品に見えますよ。

また1対1で気になる男性と向き合った際の会話シーンでは、彼を3秒間見つめて、次に7秒間視野の中に彼を入れつつもはずすという「直接3:間接7」のバランスで視線を送ると、さりげなく好意を伝えることができます。

■ステップ3:笑顔は最上級のマナー

人の第一印象は、そのほとんどが「顔」で左右されます。しかし顔といっても、その造形の美しさではなく、表情も含めた顔全体の印象を指しますので、美人でも印象が悪い人もいますし、その逆もしかりです。

したがって、顔の造形うんぬんを気にすることよりももっと重要かつ実践的な好印象テクニックは、「笑顔美人」を目指すことなのです。

笑顔美人になれる法則は3つあります。

(1)心で笑うこと/心から「おいしい!」「楽しい!」「幸せ!」などポジティブな感情を常に持つことで、素敵な笑顔が自然と身に付きます。

(2)瞳で笑うこと/目に気合いを入れ、「月目」で笑うことで、優しい中にも強く印象に残る笑顔を作ることができます。

(3)口元で笑うこと/笑うときに、口角を左右均等に耳に向けてキュッと引き上げるようにしましょう。

以上の3ステップが自然に身に着けることができれば、相手に「また会いたい!」と思わせることができるでしょう。

どれもテクニックというよりも、あくまでもそのベースにある「相手を喜ばせたい」「相手を大切にしたい」という心が肝心。逆に言えば、そのベースさえあれば、自然と愛される女性のふるまいができるのです。

その他のシーンでのシンデレラマナーを知りたい方は、『媚びてないのにシンデレラシンデレラマナー』著・桜美月(主婦の友インフォス情報社)も併せてチェックしてみてくださいね。

次回は初デートの際のシンデレラマナーをご紹介します。

(文=吉田奈美/ 恋愛ユニバーシティ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.