くらし情報『アラフィフこそネイルが必要!寂しい手元を華やかおしゃれに【体験談】』

2021年4月5日 23:00

アラフィフこそネイルが必要!寂しい手元を華やかおしゃれに【体験談】

これには2つ理由があります。

その1つは、私がネイルを楽しんでいた20~30年前はネイルに対して多くの人がずっと保守的で、あまり奇抜なネイルは一般的ではありませんでした。そのため、「こんなネイルにしたら変に思われちゃうかな?」など、周りの目を気にしていたので自由に楽しめず。しかし、今はネイルに対しての考え方も大きく変わり、奇抜なネイルだからと言って白い目で見られることはなくなりました。

もう1つはやはりそんな時代背景があったためか、夫からもネイルはナチュラルなカラーをと言われ続けていて、桜貝のようなやさしいピンクなどのネイルカラーがほとんど。カジュアルな服装のときに濃いピンクのネイルを塗る程度でした。しかし、そんな夫も今では奇抜なネイルを見て「かわいいね」と言うほど、ネイルに対する感覚が変化。だから今、私はファッションに合わせて何の制約も受けずにさまざまなカラーを楽しめています。

まとめ

手元の変化に気付く年齢となり、これからは積極的にネイルをしていこうと思いました。年齢に関係なくネイルを楽しんでいる人はたくさんいますが、私にとってネイルは美しく年を取るための1つのテクニックだと感じています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.