くらし情報『更年期の尿・おしっこはくさい? 泡立っているけどなぜ? 【医師監修】』

2021年8月15日 23:05

更年期の尿・おしっこはくさい? 泡立っているけどなぜ? 【医師監修】

更年期の尿・おしっこはくさい? 泡立っているけどなぜ? 【医師監修】


更年期は体がいろいろと変化する時期。尿は健康のバロメーターの一つですが、更年期になってから今までとちょっと違う、と感じたことはありませんか。今回はそのなかでも、尿のにおいと泡立ちについて産婦人科医の駒形依子先生に聞きました。

朝一番の尿はにおいやすく、泡も立ちやすい

更年期の尿・おしっこはくさい? 泡立っているけどなぜ? 【医師監修】


尿のにおいと泡立ちについては、いつの尿によるかで判断が違ってくると駒形先生は言います。

「朝一番は尿蛋白が出やすいので泡立ちやすいですし、寝ている間は水分がとれないので尿が濃くなり、においもきつくなります。朝だけにおう、泡立つということならとりあえずは様子を見ていいでしょう。ただ、1日中同じような症状が続く場合は念のため泌尿器科を受診したほうが安心です」(駒形先生)。

尿の泡は腎臓機能の低下が原因のことも

更年期の尿・おしっこはくさい? 泡立っているけどなぜ? 【医師監修】


更年期になって尿に泡が出るのは、女性ホルモンの低下とも関係している場合もあると駒形先生は言います。

「女性ホルモンが低下すると細胞のターンオーバーが遅くなるので、全身の機能が落ちていきます。腎臓もそのうちの一つ。更年期に入る前から腎臓が弱い人はさらに弱くなりやすくなります。特に心配なのは慢性腎臓病ですが、症状としては尿蛋白が増えて泡立つ、尿に血が混じることがある、むくみや肩凝り、倦怠感や頭痛があるなどがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.