くらし情報『「健診を受けたのに!?」死亡率の高い卵巣がん。自覚症状や原因は?【医師監修】』

2021年8月22日 23:05

「健診を受けたのに!?」死亡率の高い卵巣がん。自覚症状や原因は?【医師監修】

「健診を受けたのに!?」死亡率の高い卵巣がん。自覚症状や原因は?【医師監修】


更年期になると、いろいろな病気が心配になりますが、特にがんは気になる病気ではないでしょうか。なかでも女性なら、婦人科系がんは気になる病気の一つ。今回は、婦人科系がんのなかでも死亡率が高いことで知られる卵巣がんを紹介します。症状や原因、予防のポイントについて産婦人科医の駒形依子先生に聞きました。

ハッキリした自覚症状がない

「健診を受けたのに!?」死亡率の高い卵巣がん。自覚症状や原因は?【医師監修】


死亡率が高いことで知られる卵巣がん。その原因はハッキリした自覚症状がないことが大きいと駒形先生は言います。

「おなかが張る、トイレが近い、食欲がないといった症状が見られますが、これらはちょっとした体調不良でも起こることなので見過ごされることがほとんど。下腹部にしこりが触れるという症状があるときにはかなり進行してしまっていることが多いのが現状です。また、卵巣がんは転移しやすく、気付いたときにはほかの臓器などに転移していることも多いです」(駒形先生)

とても怖い卵巣がん。自覚症状が見られたときには遅い……というケースが多いということです。

子宮内膜症が原因になることも

「健診を受けたのに!?」死亡率の高い卵巣がん。自覚症状や原因は?【医師監修】


駒形先生によると、卵巣がんは若い女性にも見られますが40代から増加し、50~60代にピークを迎えると言います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.