くらし情報『「そんなことある?」入院当日、主治医の行動に驚いたこと #43歳で腎がんになった話 12』

2021年11月26日 23:55

「そんなことある?」入院当日、主治医の行動に驚いたこと #43歳で腎がんになった話 12

検査の結果は1〜2週間みてください」

そうか〜。

無事に腫瘍を取っても、これで終わりでないことはわかっていたけど。
最初の病院の先生が「見た目が珍しい」って言っていたことが引っかかっていて、少し不安。

そして、主治医先生、

「そんなことある?」入院当日、主治医の行動に驚いたこと #43歳で腎がんになった話 12


そんなことある?と思ったけれど。
たしかに、これから左の腎臓だけを頼りに生きてかなきゃいけないのに、うっかりいいほうを取られたらたまんないもんね。
しっかり書いてもらいます。

「そんなことある?」入院当日、主治医の行動に驚いたこと #43歳で腎がんになった話 12


病室に流れる奇妙な時間……。

「そんなことある?」入院当日、主治医の行動に驚いたこと #43歳で腎がんになった話 12

「そんなことある?」入院当日、主治医の行動に驚いたこと #43歳で腎がんになった話 12


ちょっと……ほわほわしてしまいました(伊之助風)。

手術前の緊張による吊り橋効果なので、お許しください。そして、次回はいよいよ手術室へ。

監修/窪田徹矢先生(くぼたクリニック松戸五香院長)

★最初から読む:「え? 血尿!?」脇腹が痛く、頭痛に吐き気、悪寒まで… #43歳で腎がんになった話 1

★関連記事:「えっ!?」角膜再生のためサングラス生活を続けた結果、医師から驚きの声が #アラフィフ雑記帳 4

★ウーマンカレンダー連載マンガ

著者/マメ子(43歳)
2021年3月血尿と疼痛から腎がんとの診断を受け、4月21日に右腎摘出、経過観察中。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.