くらし情報『「恥ずかしい…」いよいよ腎臓の摘出手術!平気と大口たたいたけど心拍が… #43歳で腎がんになった話 13』

2021年11月29日 22:35

「恥ずかしい…」いよいよ腎臓の摘出手術!平気と大口たたいたけど心拍が… #43歳で腎がんになった話 13

3児の母でブロガーのマメ子さんによる、43歳で腎がんになった体験を描いたマンガを紹介します。今回は、手術中のこと。「手術は平気」と大口を叩いていたけれど、実際は……。

★前回:「そんなことある?」入院当日、主治医の行動に驚いたこと #43歳で腎がんになった話 12

手術前日に入院し、その日は病院食をたいらげて、ぐっすり眠り、朝が来ました。

手術は午後なので、お昼まではシャワーを浴びたりのんびりします。

よしよし、思ったほど緊張していないぞ。

そろそろ支度を……というころ、若い看護師のお兄さんが訪問。

手術室での担当看護師さんとしてついてくれるそう。

「恥ずかしい…」いよいよ腎臓の摘出手術!平気と大口たたいたけど心拍が… #43歳で腎がんになった話 13


余談ですが、主治医先生といいこの看護師さんといい、座ってる患者に目線を合わせて膝をついてくれる王子スタイル……、これ良くないですか?(控えめに言って最高)

そしていよいよ、点滴が始まり……、病衣から手術着に着替えて歩いて手術室へ。

手術着になると緊張感高まりますね。
移動中、ベテラン看護師さんが

「大丈夫ですよ〜、私も先日手術したんですけどね、寝て起きたら終わってますから。麻酔ってすごいな〜って(笑)」

と、話しかけてくれる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.