くらし情報『「脚痩せまでできた!」諦めの境地だった慢性腰痛が改善した方法とは【体験談】』

2022年1月16日 23:10

「脚痩せまでできた!」諦めの境地だった慢性腰痛が改善した方法とは【体験談】

つらい腰痛どうにかしたい


50歳過ぎから腰痛に悩むようになった私。病院を受診するも当座の痛みを緩和させるだけの対症療法が中心で根本解決には至らず。そんななかで出合った病院は、自分の体を知って向き合い解決するという治療方針。私の体に合わせた運動を教わり継続してきたことで、腰痛は改善傾向になっています。さらに脚痩せといううれしい副産物が!

自分の体を知り、それに合った運動の継続が重要だと感じた私の体験談を紹介します。

通院治療しても再発。対症療法を繰り返す日々

腰痛がつらいイメージ


もともと若いころから、月経時などには腹痛より腰痛がつらかった私。50歳を過ぎたころからは加齢のせいか無理が効かなくなってきて、重い物を持ったり睡眠不足が続いたりなど、少しでも無理な生活をすると、腰が痛くて動けない状態に陥るようになりました。

そのたびに病院を受診し、レントゲン検査で骨に異常がないことを確認してもらい、椎間板ヘルニアなどの心配な腰痛ではなく単なる腰痛と診断されていました。そのため、治療は主に鎮痛薬と湿布薬、腰痛コルセットの処方が中心。痛みが落ち着いてきたら、患部を温める温熱療法のリハビリに移行して……という繰り返しでした。

たしかに当面はラクになるのですが、しばらくするとまた再発し、痛みに苦しむことに。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.