くらし情報『体が芯から温まる!冷え性対策・免疫力アップ・腸内環境・疲労回復に良い「鍋レシピ」4選【ビタミン外来医師監修】』

2022年1月15日 02:40

体が芯から温まる!冷え性対策・免疫力アップ・腸内環境・疲労回復に良い「鍋レシピ」4選【ビタミン外来医師監修】

また、体温も料理酒鍋のほうが高く上昇し、より効率的に体を温める効果が実証されました。

体が芯から温まる!冷え性対策・免疫力アップ・腸内環境・疲労回復に良い「鍋レシピ」4選【ビタミン外来医師監修】

接種前に比べ、冷えやすい手足の末端まで体温が上昇し、それを1時間後まで継続していることをサーモグラフィーで確認。
体が芯から温まる!冷え性対策・免疫力アップ・腸内環境・疲労回復に良い「鍋レシピ」4選【ビタミン外来医師監修】

※「冷え性女子に対する日の出料理酒鍋の温まり効果」
【実施日】2020年12月
【実施場所】東京都渋谷区最低気温:6.7℃最高気温:10.6℃室温:20.0℃
【被験者】冷え性がある女性10名年齢20~40歳台(平均年齢:38歳)

食材を選ぶときのポイントは?

体が芯から温まる!冷え性対策・免疫力アップ・腸内環境・疲労回復に良い「鍋レシピ」4選【ビタミン外来医師監修】


植物性たんぱく質とアリシンを含む野菜を入れ、各2種類以上に
次に、食材の選び方はどのようにすれば良いのでしょうか。

「食材はたんぱく質と野菜をそれぞれ2種類以上使いましょう。たんぱく質は大豆食品など植物性たんぱく質を必ず入れ、もう1種類はお好みに合わせて肉、魚を選びます。シメのおじやなどで卵を使えば3種類になります。また、野菜は長ねぎ、玉ねぎ、にんにく、にらなどアリシンが含まれる野菜を必ず入れ、それ以外に何種類か野菜を入れましょう」(佐藤先生)。

野菜は目的や体調に合わせて選ぶ
「野菜はねぎ類に加えて、目的に合わせて葉ものや根菜などをプラスしていきましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.