くらし情報『「歩くことすらつらい…」43歳、今まで経験したことのない不調はまさかの更年期障害だった!【体験談】』

2022年3月15日 23:40

「歩くことすらつらい…」43歳、今まで経験したことのない不調はまさかの更年期障害だった!【体験談】

「歩くことすらつらい…」43歳、今まで感じたことのない不調はまさかの更年期障害だった!【体験談】


健康が取り柄だった私ですが、アラフォーになってから、体のだるさやめまいといった症状に悩まされるようになりました。ですが、更年期障害といえば「のぼせやホットフラッシュがあるはずだから、自分には関係ない」と思い込んでいたのです。そんな私が「更年期障害かもしれない」と気付けたきっかけは同僚の言葉。私が受診を決意するまでの経緯と、体だけでなく心も軽くなったエピソードを紹介します。

アラフォーになり感じ始めた不調は…

「ホットフラッシュはないのに!?」43歳の私が感じた不調は更年期障害だった【体験談】

「ホットフラッシュはないのに!?」43歳の私が感じた不調は更年期障害だった【体験談】

不調の原因がわからず途方に暮れる日々

眠りが浅くなったり、体がだるく疲れやすい。めまいもするし、仕事が思うように進まない。アラフォーになってから、これまでに経験のない不調を感じるようになりました。ですが、健康診断を受けても特に異常は見つからず。「この不調の原因は? 」と悩みましたが、仕事を休むほどではないと判断し、対応はあと回しになっていました。

コーヒーを何杯も飲み、仕事が忙しいときはエナジードリンクにも頼るなど、その場しのぎで過ごす日々。ところがついに、無理がきかなくなる日が来たのです。

1年前の夏ごろから、寝ても疲れが取れない状態になりました。自宅から最寄り駅まで約15分間歩くことすらつらく、へとへとです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.