くらし情報『人間ドックの結果が「要治療」に!血糖値が高く糖尿病外来に通院することになり…【体験談】』

2022年4月24日 23:40

人間ドックの結果が「要治療」に!血糖値が高く糖尿病外来に通院することになり…【体験談】

人間ドックの結果が「要治療」に!血糖値が高く糖尿病外来に通院することになり…【体験談】


40歳から、毎年人間ドックを受けています。健康が取り柄だった私は、いつも正常値ばかりの結果をもらってましたが、45歳を過ぎたあたりからは毎年「要観察」に該当する項目がいくつか出るように……。そして、ついに50歳で受けた人間ドックで初めて「要治療」と記載された数値が出てきてしまったのです!

40歳から毎年受け始めた人間ドック

人間ドックを受けているイメージ


30代で出産をし、体重計に乗ることを恐れて現実逃避をし、そのころから体形の崩れも気になってきていました。運動もせずに、食べたい物を食べたいだけ食べていたので、健康も心配でした。そこで、まずは健康が大事と思い、40歳を迎えたのをきっかけに、職場の福利厚生制度を利用して人間ドックを受けることにしました。

毎日、子育てや仕事の忙しさに追われ、自分の時間もほとんどありませんでしたが、元々健康で体力にも自信があったので、それまで健康であることが当たり前と思っていた節があります。でも、そんな健康で何も心配ない状況も将来ずっと続くとは限らないので、日々の生活習慣を見直すきっかけになったと思います。

とうとう人間ドックで「要治療」の結果に

血糖値のイメージ


40歳で人間ドックを受け始めた当初は、それまでの健康診断と同様、すべて正常値の結果でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.