くらし情報『「さまざまなリスクが増加!」お酒・アルコールが更年期女性に与える驚きの影響【医師監修】』

2022年4月19日 00:10

「さまざまなリスクが増加!」お酒・アルコールが更年期女性に与える驚きの影響【医師監修】

「さまざまなリスクが増加!」お酒・アルコールが更年期女性に与える驚きの影響【医師監修】


コロナ禍が日常になりつつある今「家飲み」が習慣になり、毎日家でお酒を飲んでいるという人も少なくないでしょう。お酒は昔から「百薬の長」と呼ばれ、適量なら健康に問題はないとされてきました。しかし、気が付けば若いころよりも酒量が増えているという人もいるかもしれません。心と体が揺れ動く更年期女性に合ったお酒との付き合い方とは、どんなものなのでしょうか。産婦人科医の駒形依子先生にアドバイスいただきました。

教えてくれたのは…
監修/駒形依子先生(こまがた医院院長)
東京女子医科大学医学部卒業。米沢市立病院入職後、再び東京女子医科大学に戻り、専門医を取得。同大学産婦人科に入局し産婦人科医として働きつつ、性科学を学び、また東京女子医科大学東洋医学研究所で東洋医学を学ぶ。2019年1月に地元山形県米沢市にて、こまがた医院を開業。

更年期はお酒の飲み方の見直しどき!?

「さまざまなリスクが増加!」お酒・アルコールが更年期女性に与える驚きの影響【医師監修】


更年期は女性ホルモンが減少することでメンタルが不安定になりやすく、アルコールを飲むことでストレスを発散しているという人も多いでしょう。

「アルコールでストレスが発散できるなら、活用すれば良いと思います。ストレスをため込むのは、体や心に悪影響を及ぼします。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.