くらし情報『パニック障害と産後うつで心療内科を通院。医師からもらったアドバイスは【体験談】』

2022年5月6日 02:40

パニック障害と産後うつで心療内科を通院。医師からもらったアドバイスは【体験談】

パニック障害と産後うつで心療内科を通院。医師からもらったアドバイスは【体験談】


パニック障害と産後うつで心療内科に通い始めて2年半。夫や子どもにイライラしてしまうことを医師に話したところ、薬の量を増やしましょうと提案されました。医師からはカウンセリングを受けることをすすめられると同時に、精神を安定させるためにはセロトニンを増やすと良いとのアドバイスをもらいました。そこで、セロトニンを増やすために、自分でできることを調べました。

夫と子どもにイライラしてしまう…

パニック障害と産後うつで心療内科を通院。医師からもらったアドバイスは【体験談】

パニック障害と産後うつで心療内科を通院。医師からもらったアドバイスは【体験談】

薬が増えるのは悪いことではない

2年半ほど前に、心療内科でパニック障害と産後うつであると診断されました。それからずっと、私の体調の変化に合わせて薬の種類と量を調節しながら通院を続けています。薬を飲まない生活に戻ることを目的に治療してきたつもりでしたが、医師に夫や子どもにイライラしてしまうことを話すと薬の量を増やすことを提案され、ショックを受けました。ですが薬を飲んで2日くらいたつと、イライラする心が落ち着き、安定してきました。

ただ、私はそれを手放しでは喜べず、「薬の効果だと思うと少し怖いような気もする」と心療内科の医師に伝えたところ……。「薬を飲めば落ち着くことがわかったというのが、今は良いことだと思いますよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.