くらし情報『「暗いとね、寂しく感じるの…」とある夜、私の胸を締めつけた患者さんの言葉とは』

2022年5月12日 23:10

「暗いとね、寂しく感じるの…」とある夜、私の胸を締めつけた患者さんの言葉とは

看護師でありシングルマザーでもある、まゆんさんの体験を描いたマンガを紹介します。

今回は、まゆんさんが夜勤の日に患者さんと会話したときのお話です。消灯のために部屋を回っていたまゆんさん。とある患者さんから「枕元の電気は明るくつけててよ?」とお願いされます。その理由は一体……。

★関連記事:「次の誕生日に死ぬわ」認知症を患っている祖父が唐突に宣言…!?

「暗いとね、寂しく感じるの…」とある夜、私の胸を締めつけた患者さんの言葉とは

看護師でシングルマザーな私の話15

看護師でシングルマザーな私の話15

看護師でシングルマザーな私の話15

看護師でシングルマザーな私の話15

看護師でシングルマザーな私の話15

看護師でシングルマザーな私の話15


こんにちは。自閉症スペクトラムの息子を持つ、シングルマザーのまゆんです。

コロナ禍になってからというもの、病院はお見舞いに来る人を厳しく制限しています。エイコさんにはお孫さんがいらっしゃいますが、もう長く面会できていません。お孫さんにもらった手ぬぐいに頬ずりするエイコさんからは、お孫さんに会いたいという気持ちが伝わってきました。

その中で「寂しいのが嫌いなの」とエイコさんはおっしゃいました。やはり家族に会えないのはとても寂しいものですよね。私も寂しいのは嫌いなので、その言葉に胸がギュッと締め付けられました。

※記事の内容は公開当時の情報であり、現在と異なる場合があります。記事の内容は個人の感想です。

著者/まゆん(41歳)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.