くらし情報『「人生悔いなし」末期がんの患者さんが最後にやり残したこと #看護師でシングルマザーな私の話 19』

2022年6月16日 23:10

「人生悔いなし」末期がんの患者さんが最後にやり残したこと #看護師でシングルマザーな私の話 19

看護師でありシングルマザーでもある、まゆんさんの体験を描いたマンガを紹介します。

今回は、まゆんさんの病棟に入院している末期がんを患う加藤さんのお話です。日に日に病状が悪化する加藤さんがやり残したこととは一体……。

★関連記事:「信じたくない」患者さんを襲った病と私の精一杯 #看護師でシングルマザーな私の話 18

看護師でシングルマザーな私の話20

看護師でシングルマザーな私の話20

看護師でシングルマザーな私の話20

看護師でシングルマザーな私の話20

看護師でシングルマザーな私の話20

看護師でシングルマザーな私の話20

看護師でシングルマザーな私の話20

看護師でシングルマザーな私の話20

看護師でシングルマザーな私の話20

看護師でシングルマザーな私の話20


こんにちは。自閉症スペクトラムの息子を持つ、シングルマザーのまゆんです。

入院中の加藤さんは物静かでよく本を読んで過ごしていました。あるとき、体調確認を終えて病室を出ようとすると、床頭台(ベッドサイドに置かれているテーブル代わりの収納台)に足をかけて通せんぼしてきたのです。

「仕事で各地のうまいもんをたくさん食べてきた」と言った加藤さんは、もう食事も入らない状態でした。その姿に私は何も言えず、ただ加藤さんが教えてくれた信州そばを食べる約束しかできませんでした。

その後、加藤さんは自力で起き上がることもできなくなり、私を「五島」の愛称で呼ぶこともなくなりました。加藤さんは「人生悔いなし」と言った後、私がおすすめした五島の冷やしうどんを食べていないのが悔いだと笑いました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.