くらし情報『「傷付くこともあるだろう、でも…」繊細な4歳息子の姿を見て思うこと #40代親バカ母 23』

2022年6月29日 23:10

「傷付くこともあるだろう、でも…」繊細な4歳息子の姿を見て思うこと #40代親バカ母 23

同世代の夫、高齢出産した息子さんと3人で暮らしている40代のきりぷちさん(@pokotaro0301)。

繊細な部分がある4歳の息子、そうちゃん。それゆえにこの先、生きづらさを感じることはないかと心配になるきりぷちさんですが……。

★関連記事:「気持ちがわからなくもない」4歳息子の独特で繊細な部分に困惑しつつも… #40代親バカ母 22

40代親バカ母 23

40代親バカ母 23

40代親バカ母 23

40代親バカ母 23

40代親バカ母 23

40代親バカ母 23

40代親バカ母 23


こんにちは、高齢出産のダメージを残しつつ、親バカ道まっしぐらな40代母きりぷちです。

4歳の息子のそうちゃんは繊細な部分があります。

砂場で枯れ枝を見つけたら、砂に植えて「来年また咲きますように」と言っていたり、捨てる物に対しても「真似で住んでね」と話しかけたり(本当はごみを家に置いておかないことは理解しているから捨てるけれど、気持ちだけでも、想像の上だけでも家に住まわせてあげたいということらしい)。

その繊細さが原因で、近い将来生きづらさを感じないだろうかとハラハラしてしまうこともありますが、繊細なことは悪いことばかりじゃないと最近よく考えます。

うまくバランスが取れれば、人の心に共感できるやさしい人になれるかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.