くらし情報『「判は押さないからな」私のマリッジブルーを打ち砕いた夫のひと言! #デブス女の修羅場 21』

「判は押さないからな」私のマリッジブルーを打ち砕いた夫のひと言! #デブス女の修羅場 21

息を吸う以外はマンガを描いていたいアラフォー女子、ぷよ子さんのマンガを紹介します。

婚活アプリで出会ったZ夫さんとの結婚が決まったぷよ子さん。でも、デブス女である自分との結婚生活はうまくいかないだろうとマリッジブルーに。そんなぷよ子さんにZ夫さんはとあることを言いました。

★関連記事:「もちろん役所だ」面倒くさいと言ったのに!? 車に乗って向かったのは… #デブス女の修羅場 20

#デブス女の修羅場21


こんにちは! アラフォーデブス女のぷよ子です。

私はZ夫さんと入籍する直前にマリッジブルーになってしまいました。「私がデブス女だから、いつかZ夫さんも私のことを嫌いになる」と思い込み、Z夫さんには「面倒くさい」とあきれられました。


捨てられる! と思っていると、Z夫さんは私を市役所に連れて行き、婚姻届を提出してしまったのです!

#デブス女の修羅場21

#デブス女の修羅場21

#デブス女の修羅場21

#デブス女の修羅場21

#デブス女の修羅場21

#デブス女の修羅場21


役所の夜間窓口に婚姻届を提出した直後の出来事でした。

夫婦になったからきっぱり言わせてもらうと前置きがあり、Z夫さんは離婚届に判は押さないと言いました。でも、まだブルーな気持ちの私には本気で言っているとは思えず、Z夫さんのことを疑ってしまいました。

すると、Z夫さんは「年下の女性はたまらなくかわいい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.