くらし情報『え、介護脱毛って?40代が最後のチャンスと言われ悩む43歳【体験談】』

2020年9月24日 23:12

え、介護脱毛って?40代が最後のチャンスと言われ悩む43歳【体験談】

え、介護脱毛って?40代が最後のチャンスと言われ悩む43歳【体験談】


VIO脱毛、ワキ脱毛、スネ毛脱毛……世の中はいろいろな脱毛であふれています。最近、ひっそりと地味に注目を集めているのが“介護脱毛”だそう。コレ、どんな脱毛か知っていますか? 実は私、10年ぶりに行った全身脱毛で“介護脱毛”をすすめられました。

40歳を過ぎてすすめられた介護脱毛

全身脱毛をしたのは遠い昔の20年くらい前……。あのとき施術の注意書きに、“永久脱毛です”って書かれていたはずなのに、40歳を過ぎたころから腕や脚に毛がちらほら。脱毛技術も進んだことを信じて、この先、毛の心配をしないために近くのサロンへ行きました。

ベッドに横たわりされるがままに光を当てられウトウトしていると、エステティシャンの方が話しかけてきました。初めは「脱毛、何年ぶりですか?」などたわいもない会話だったのですが、そのうちに「最近、40代で介護脱毛を希望される方多いんですよ~」と。

介護脱毛! 初めて聞く言葉に一気に目が覚め、興味深々に。介護脱毛とは、介護が必要になったときに排泄の介助をラクにする目的でアンダーヘアをなくす脱毛であると説明されました。

白髪になったら脱毛できないなんて!

たしかに私も看護師時代、排泄介助や陰部洗浄をしていましたが、陰毛が濃い人は排泄物がまとわりついてなかなか拭き切れなかった覚えがあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.