くらし情報『インプラントか、ブリッジか。これからを考えて出した結論は?【体験談】』

2020年12月10日 23:00

インプラントか、ブリッジか。これからを考えて出した結論は?【体験談】

インプラントか、ブリッジか。これからを考えて出した結論は?【体験談】


ちょっと疲れると決まってうずく、20代に治療した右上の糸切り歯。メンテナンス時にもその歯だけ歯周ポケットが深いなど、歯医者さんにも要注意と言われていた歯でした。ずっと気になってはいたものの、自由診療でセラミックのクラウン(全体をかぶせる詰め物)を入れていたため、壊すのはもったいないとずっと様子を見ていたのですが、先日その詰め物が突然ぽろり。とうとう、長年悩まされていた歯と向き合うときが来ました。

セラミックの詰め物を壊す勇気がなく

インプラントか、ブリッジか。これからを考えて出した結論は?【体験談】


20代に治療した右上の糸切り歯。以来20年近くずっと問題なく過ごしていたのですが、ここ数年疲れたり体調を崩したりすると、その歯のすぐ上の歯ぐきが腫れたり、冷たいものがしみるときもあったりして気になっていました。その歯だけ歯周ポケットが深いこともあり、定期検診を受けている近所の歯科医院の先生からも「要注意だね」と言われていたのですが……。

以前治療したときの詰め物は自由診療のセラミック。それを壊すのはもったいないからと経過観察をしてきました。ところが、ここ数年更年期の症状が加速化するにつれ、口腔内の環境も悪化。朝起きるとねばつきや乾きが気になるようになり、それに伴い、問題のこの歯も歯ぐきが腫れるときはそれまでよりずんと重く感じることが増え、少しずつ悪化しているようでした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.