くらし情報『シニアグラスはかっこいい!現実を受け入れ老眼ライフを楽しむ【体験談】』

2020年12月14日 23:00

シニアグラスはかっこいい!現実を受け入れ老眼ライフを楽しむ【体験談】

病院嫌いな私が「病院に行かなければ」と思い始めたのはこのころでした。

42歳、老眼である自分を認める

シニアグラスはかっこいい!現実を受け入れ老眼ライフを楽しむ【体験談】


42歳のとき、当時小学生だった次女が学校健診で視力低下を指摘されました。要検査の通知を見て、ようやく「私も行かなくちゃ」と重い腰を上げることができたのです。眼科でひと通りの検査を終えた私に医師が言った言葉は「あなたの目は老眼以外の何モノでもない。事実をきちんと認めて、眼鏡を作りなさい」という内容でした。

実際にはもっときつい調子で言われてしまったためショック大でしたが、安心したというのも事実。「よかった、悪い病気ではなかった!」。すぐに眼科を受診しなかったことをとても反省しました。

そのまま眼鏡の処方箋を書いていただき、その日のうちに老眼鏡を作るため眼鏡店に向かいました。選んだのはいわゆるおしゃれ眼鏡。仕事のモチベーションアップにもなりました。

老眼鏡ユーザーになってみての感想

シニアグラスはかっこいい!現実を受け入れ老眼ライフを楽しむ【体験談】


老眼鏡を使うようになり、目の不調は軽減されました。お気に入りの眼鏡に巡り合えたことで、テンションもアップ。老眼の心強い味方となってくれる相棒だから、納得の1本を持つことができたことに満足しています。つらかった読書も苦でなくなり、おうち時間がますます楽しくなりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.