くらし情報『【40代の生理】閉経が近づくと、生理はどう変わる?回数が減るって本当?』

2020年12月20日 23:00

【40代の生理】閉経が近づくと、生理はどう変わる?回数が減るって本当?

【40代の生理】閉経が近づくと、生理はどう変わる?回数が減るって本当?


40代になってから、「生理が今までと違う」と感じたことはありませんか? 更年期症状や閉経のことが気になる年代が抱えやすい生理の悩みについて、産婦人科医・漢方内科医の駒形依子先生に聞きました。

生理がいつもと違う=閉経のサインではない!

【40代の生理】閉経が近づくと、生理はどう変わる?回数が減るって本当?


40代になると卵巣機能が低下し、ホルモンバランスが崩れ、生理が乱れやすいのは事実です。しかし、だからといって生理不順のすべてが更年期症状であり、閉経のサインというわけではありません。

閉経の前後5年間、合計10年間を更年期と呼びますが、閉経前の生理不順が更年期によるものだったとわかるのは閉経になってから。生理不順の原因には、さまざまな病気が隠れていることもあります。

閉経が近づくと回数が減っていきます

【40代の生理】閉経が近づくと、生理はどう変わる?回数が減るって本当?


閉経が近づくと、生理の回数が1カ月おき、2カ月おき……と少しずつ減っていくことが多くなります。その後、1年間継続して生理が来なければ閉経となります。

ただ、8カ月なかったのに生理が来たという生理不順が潜んでいることもあります。それまで順調に生理が来ていたのに突然止まるというケースは少なく、多少なりとも不安定な時期を経て、閉経に向かっていくと言えます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.