くらし情報『コロナ禍で生まれた課題「ランチシャビー化」「メリハリのない生活」の解決法とは』

2021年12月22日 12:30

コロナ禍で生まれた課題「ランチシャビー化」「メリハリのない生活」の解決法とは

コロナ禍で生まれた課題「ランチシャビー化」「メリハリのない生活」の解決法とは
コロナ禍によるライフスタイルの変化は、依然として私たちの生活に大きな影響を与えています。
そんな中浮き彫りなっているのが、昼食の質が低下する『①ランチシャビー化』と、職場と家庭が同じ場になりオンオフの切り替えが難しい『②メリハリのない生活』という課題です。

特にビジネスパーソンがどのような悩みを抱えているのか、世代・トレンド評論家の牛窪恵さんにお話を伺いました。

リフレッシュの機会であった「ランチ」の質低下によりストレスが蓄積同僚や親しい友人らと気軽にランチをすることは、気分転換を図りスムーズにストレスを解消する大切な生活習慣でしたが、コロナ禍以降その機会は激減。
ストレスが蓄積してモチベーションや集中力の低下につながり、業務効率にも負の影響を与える可能性が否めません。
コロナ禍で生まれた課題「ランチシャビー化」「メリハリのない生活」の解決法とは
(画像はコンラッド大阪「インターナショナル・ビュッフェ」)

牛窪恵さんがおすすめする解決策は、安心&リラックスできる「ホテル」のランチを選択し、満足感の高い料理を楽しむことです。
ホテルレストランでは、目の前で調理するライブキッチンの躍動感や、季節感あふれる食材、メニューの数々が空間を彩り、活力が湧いてきます。

感染対策の面でも安心感が高いので、ホテルレストランはコロナ渦においてビジネスパーソンが受ける様々なストレスを一度に解消できる場所として、その存在価値を高めています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.