くらし情報『ダイレクト自動車保険、代理店型との違いとは?』

2010年9月21日 20:00

ダイレクト自動車保険、代理店型との違いとは?

目次

・直接契約のダイレクト自動車保険
・代理店型、ダイレクト型との違いとは
・ロードサービスもお得
・顔を見て対応してほしいなら代理店型か
ダイレクト自動車保険、代理店型との違いとは?

直接契約のダイレクト自動車保険

自動車保険には「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があるが、任意保険に加入するには代理店を介して保険会社と契約する「代理店型」と、保険会社と直接契約する「ダイレクト自動車保険」がある。

代理店型、ダイレクト型との違いとは

代理店型の自動車保険は、代理店に手数料を支払うコストが発生するので保険料が高くなってしまう。一方で、ダイレクト型ではそういったコストを抑えることができる。

さらに、ダイレクト自動車保険のメリットにはスムーズな加入方法も挙げられる。見積もりから契約まで全てネットや郵便物のやり取りで完了する。

ロードサービスもお得

ロードサービスも魅力だ。代理店型ではオプションとして別途料金が発生するサービスが、ダイレクト型では標準で利用できるなど充実している。

また、事故対応や示談交渉については両社に違いはないようだ。

顔を見て対応してほしいなら代理店型か

比べてみると、コストを抑えて充実したサービスを利用した場合はダイレクト自動車保険がお勧めと言えそうだが、直接顔を見ての対応が希望の場合は代理店型を選ぶのがよさそうだ。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.