くらし情報『保険金目当てで自宅に放火』

2010年9月30日 16:00

保険金目当てで自宅に放火

目次

・木造の自宅に灯油をまく
・保険金は1,800万円超
保険金目当てで自宅に放火

木造の自宅に灯油をまく

2004年7月に青森県の中泊町(当時の中里町)の自宅に放火をし、火災保険金を騙し取ったとして女性3人が逮捕されるという事件が発生した事は、複数のメディアが報じた。

容疑者は40代の女性2人と50代の女性1人。事件は3人が共謀して塚本良恵容疑者(47)の自宅に灯油をまいて火を放ち、木造2階建ての住宅や車庫などを焼いたという。

※画像はイメージ

保険金は1,800万円超

その後2005年2月25日、契約していた農業協同組合から火災保険金1,871万5,137円を騙し取った。塚本容疑者は亡父の名義であった家にも火を放った疑いがもたれている。

報道によれば3人は知人で、「生活が苦しかった」などと理由を述べているという。

本年の9月2日には、福岡市の20代のアルバイトが建物に放火をした罪で3年の懲役を言い渡される事件があり、また9月17日には元市議会議員が放火と詐欺未遂で懲役7年の判決が下された。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.