くらし情報『埼玉りそな銀行、ピンクリボン運動を展開』

2010年10月10日 17:00

埼玉りそな銀行、ピンクリボン運動を展開

埼玉りそな銀行、ピンクリボン運動を展開
埼玉りそな銀行は、乳がん検査の重要性や早期発見、早期治療の大切さを呼び掛ける「ピンクリボン運動」を始めた。全店で社員がピンクリボンバッジを着用して乳がん検査を呼び掛けるほか、ちらしの配布・ポスター掲示など、乳がん啓発を展開しているという。
埼玉新聞が伝えている。

県とも協定。独自保険商品「リボンのチカラ」を発売

同行は、昨年11月に県と「がん啓発・がん検診の受診率向上に向けた包括的連携に関する協定書」を締結するとともに、この8月からは、同行の女性行員が企画し商品化した医療保険「リボンのチカラ」の発売も行われている。

この商品の特徴は、「子宮がんなど女性特有の病気」に対応した特約や、入院時に差額ベッド代が給付される特約などが付いていること。

なお浦和中央支店では、店舗壁面に大型のピンクリボンのマークを取り付け、「がんを知る」をテーマとしたパネルの展示もあるという。

30~50代の女性のがん患者では、乳がんなど女性特有のがんが半数以上を占めるといわれており、この乳がんの正しい知識を広め、乳がん検診の早期受診を推進することなどを目的に、ピンクリボン運動が、いま世界規模で展開されている。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.