くらし情報『子供たちが考える安全マップ作り教室開催』

2010年10月20日 12:00

子供たちが考える安全マップ作り教室開催

目次

・子供たちが参加、安全マップ作り
・フィールドワークで実際に歩いて考える
子供たちが考える安全マップ作り教室開催

子供たちが参加、安全マップ作り

明治安田生命保険相互会社は16日、愛媛県松山市の明治安田生命松山ビルで「地域安全マップづくり教室」を開催した。

市内の小学生36人が参加し、自ら危険を回避する能力を身に着けることをめざし、思い思いに地図を描きながら子供たち同士で危険について考えた。

フィールドワークで実際に歩いて考える

講師となったのは、マップの発案者でもある立正大学の小宮信夫教授。

まず、子供たちは5つの班に分かれてフィールドワークに出発。周囲から目に届きにくく危険な場所を見つけて写真を撮るなどした。その後、帰って模造紙に撮った写真を貼って、コメントを書き込むなどしてマップを完成させた。

楽しみながら実際に自らが利用する道路の危険を知ることで、子供たちにとって有効な形で安全について考えることができたようだ。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.