くらし情報『日本生命、代理店が1万店超え!』

2010年11月5日 09:00

日本生命、代理店が1万店超え!

目次

・9月末で1万店を超え
・販売網の多様化を
・代理店以外の販売網も
日本生命、代理店が1万店超え!

9月末で1万店を超え

日本生命保険の販売代理店が9月末時点で1万店を超えたことがわかった。国内で最多の代理店を抱えているのは大同生命保険だが、1万店越えは日本生命が2番目となる。

販売網の多様化を

日本生命は、10年前から本格的に代理店網の拡大を始めており、主力の営業職員による販売に加えて、税理士や金融機関などを販路に組み込んで販売網の多様化を進めてきた。

9月末時点では代理店数が1万54店に届いた。このうち、税理士による代理店が7000店と全体の7割を占めている。

保険専業の代理店は2500店、金融機関の代理店は315店だ。

代理店以外の販売網も

国内市場が成熟した現在は、多くの生保が代理店のほか、来店型店舗やインターネットを通じた新しい販売網づくりに乗り出しており、販売網の多様化が進んでいる。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.