くらし情報『ソニー損保、ペット(愛犬・愛猫)の食事に関する調査結果を発表』

2010年12月1日 17:00

ソニー損保、ペット(愛犬・愛猫)の食事に関する調査結果を発表

目次

・1ヵ月の平均食費犬は4,843円、猫は4,277円と
・ペットフードを選ぶ基準には、犬と猫に違いが!
ソニー損保、ペット(愛犬・愛猫)の食事に関する調査結果を発表
アニコム損害保険(株)の代理店としてペット保険「どうぶつ健保ふぁみりぃ」を販売するソニー損害保険(株)は、愛犬・愛猫の食事に関する調査を行い、その結果を発表した。

調査は、インターネットリサーチにて10月18日からの3日間実施し、犬か猫を飼っている18歳~59歳の男女1,000名(犬、猫それぞれ500名)から有効回答を得たもの。

1ヵ月の平均食費犬は4,843円、猫は4,277円と

ペットに普段どんな食事を与えているかを複数回答で聞くと、犬・猫ともに「市販のペットフード」が最も多く、犬95.0%、猫96.8%とほとんどが市販品を与えていることがわかった。

それ以外では、「飼い主と同じ食べ物」が、犬12.6%/猫5.6%、「手作りのペットフード」が、犬10.8%/猫5.8%、「サプリメント」が、犬5.8%/猫1.6%で、わずかだが犬に市販品以外のものを与える傾向があり、家の外で飼っている犬(160名)のケースでは、「飼い主と同じ食べ物」が18.1%と多かった。

ペット1匹にかかる1ヵ月あたりの食費を聞くと、犬の平均金額は4,843円、猫は4,277円となり、さらにこれをペット年齢で分けると、犬・猫ともに10歳以上の高齢で平均金額が1割ほど上がる結果だった。

ペットフードを選ぶ基準には、犬と猫に違いが!

また、市販のペットフードを与えている959名(犬:475名、猫:484名)に、ペットフードを選ぶ基準を複数回答で聞いてみると、犬では「価格」と「栄養成分」が高く、ともに58.9%となり、猫では「ペットの好きな味」が59.1%、「価格」が58.5%と、猫の方がペットの好みに合わせる傾向が強かった。そして特に猫の年齢が10歳以上では、62.4%もが「好きな味」と答えていた。

市販のペットフードをどこで購入しているか(複数回答)で最も多かったのは、ともに「ホームセンター」で、犬74.5%/猫72.7となり、品揃えや買い易さによるようだ。これ以外では、犬は「ペットショップ」32.0%、「スーパー」29.9%、「ドラッグストア」20.8%と続き、また猫では「スーパー」41.3%、「ドラッグストア」34.1%、「ペットショップ」26.2%の順だった。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.