くらし情報『受賞者は陛下に拝謁も。第一生命が第63回「保健文化賞」募集』

2011年2月3日 08:00

受賞者は陛下に拝謁も。第一生命が第63回「保健文化賞」募集

目次

・贈呈式の翌日に皇居へ
・10年以上の活動を
受賞者は陛下に拝謁も。第一生命が第63回「保健文化賞」募集

贈呈式の翌日に皇居へ

昭和25年に創設され、戦後の荒廃した状況から、日本の保健衛生の向上に貢献した個人や団体を表彰する『第63回保健文化賞』の募集が開始された。主催は第一生命で、後援には厚生労働省などが名を連ねる。応募期間は4月15日まで。

毎年秋に贈呈式が行われ、翌日には受賞者が天皇・皇后両陛下の拝謁を賜る同賞は、前回までに605団体、311名の個人が晴れて受賞をしている。同賞の対象となるのは、下記の基準を満たしている個人・団体。

1.保健衛生(関連する福祉等を含む)を実際に著しく向上させた団体あるいは個人
2.保健衛生(関連する福祉等を含む)の向上に著しく寄与する研究または発見をした団体あるいは個人

10年以上の活動を

応募は必ず他薦を基準とし、国外の活動も含まれる。また同賞における保健衛生とは、『保健医療』『生活環境』『高齢者保健福祉』『障がい者保健福祉』『少子化対策』などを指している。

応募の資格として、団体であれば10年以上の実績、個人であれば50歳以上で、かつ10年以上の活動年数などが必要。

平成22年度は、団体・個人合わせた賞金総額が2,500万円となり、神奈川県の『川崎病の子供をもつ親の会』、三重県の『三重県アルコール関連疾患研究会』など多数が顕彰されている。

応募や問い合わせなど、詳しくは主催者まで。

第一生命CSR推進室(大坪)
※CSR推進室は平成23年4月1日付でDSR推進室に改称します。
TEL 050-3780-6950受付時間 平日9:00~17:00

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.