くらし情報『【知って得する!保険の基本】保険期間と払込期間の違い』

2015年10月29日 00:00

【知って得する!保険の基本】保険期間と払込期間の違い

目次

・保険期間と払込期間とは?
・保険期間・払込期間によって、毎月支払う保険料が変わる!
’死亡保険を選ぶ際に押さえておきたいポイント!’

一般的に保険期間(保障期間)と保険料を支払い続ける期間(払込期間)は同じだと思われている方が多いのではないでしょうか?しかし、保険期間(保障期間)と保険料を支払い続ける期間(払込期間)が異なる生命保険もあります。少し複雑だと思われるかもしれませんが、支払い期間の違いを知ることにより、自分に合った保険料の支払い方法を選ぶこともできるのです。それぞれのメリット・デメリットも含めて確認してみましょう。

保険期間と払込期間とは?

保険期間とは、別の言い方をすると保障期間になります。この保険期間(保障期間)中に死亡保険であれば死亡または所定の高度障害になった場合、死亡保険金が支払われます。
保険期間(保障期間)後に死亡や所定の高度障害になってしまった場合は、死亡保険金は支払われません。

払込期間とは、保険契約を継続させるために保険料を支払い続けなければならない期間のことを言います。

そして、生命保険によっては、保険期間(保障期間)と保険料を支払い続ける期間(払込期間)が異なる場合があります。

例えば、終身保険では、保険期間(保障期間)は一生涯(終身)ですが、保険料の支払い期間(払込期間)は、60歳や65歳までや、10年間や15年間など決まった期間中に支払い終える商品と、一生涯にわたって支払う商品とがあります。どちらの支払い方法にするのかについては、あらかじめ決まっている商品と加入時に選ぶことができる商品があります。

図1で、60歳まで支払う場合(60歳払済)と一生涯にわたって支払う場合(終身払)とのメリット・デメリットをご確認ください。

図1 終身保険の払込期間(60歳払済と終身払の場合)’終身保険の払込期間(60歳払済と終身払の場合)の図’
【知って得する!保険の基本】保険期間と払込期間の違い

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.