くらし情報『【知って得する!保険の基本】自動更新と見直し』

2015年11月10日 00:00

【知って得する!保険の基本】自動更新と見直し

目次

・はじめに
・自動更新のメリット・デメリット
・自動更新時の見直しポイント
・まとめ
’知っておきたい生命保険のアレコレ!’

はじめに

生命保険の定期保険や定期特約は、一定の期間の保障をする保険商品です。
自動更新は、そのような保険が満期を迎えた時、契約者の申し出がなければ、更新手続きを自動的に行ってくれる仕組みです。以下、自動更新のメリット・デメリットおよび見直しのポイントについてみていきます。

自動更新のメリット・デメリット

加入している生命保険が、定期保険や定期特約を付加した保険の場合、期間の満了前に保険会社から封書等で契約更新の案内が届きます。
案内の内容は、現在加入している保険の内容、現在と同じ保険金や給付金で契約を更新した場合の更新後の保険料、新たな特約への加入をすすめる提案等になっています。保険会社の案内に対して何も手続きしなければ、契約は更新されます。これが自動更新です。

自動更新のメリットは、加入者の更新のし忘れによる保障期間の空白が生じない点と、新規加入時に必要な医師の診断等が不要な点です。

デメリットとしては、更新前の死亡保障や入院保障等と同じ保障金額で更新を行うため、更新時の年齢で保険料が再計算され、保険料が更新前に比べアップする点と、現在必要な保障額以上の保険をかけることになってしまうかもしれない点になります。

例えば、子どもの成長や独立等により必要保障額を減らしても大丈夫な方が、保険加入当時のままの保障(保険金額)で自動更新し、更新後の保険料が負担になっているケース等がそれに当たります。

自動更新時の見直しポイント

次に自動更新時の保障の見直し方法についてみていきます。
更新時に判断すべき点は以下の3通りになります。

  1. 現在の保障で継続(自動更新)
  2. 現在の保険や特約の保障を減額、増額
  3. 解約し他の保険に加入する

新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.