くらし情報『自動車事故の後遺障害 経済的損失はどれくらい?』

2015年3月10日 00:00

自動車事故の後遺障害 経済的損失はどれくらい?

日本損害保険協会発表の「2014年度版 自動車保険データにみる交通事故の経済的損失の状況(2012年4月~2013年3月)」によると、交通事故による経済的損失額は3兆2,406億円とのこと。3兆円といわれても実感がわきませんが、これは横浜市の年間予算とほぼ同額です。交通事故により、大都市の1年間の予算と同じ金額が失われているということに驚きます。

目次

・そもそも自動車事故による経済的損失ってなに?
・自動車事故による後遺障害の経済的損失は、人身損失の約36%!
・意外な年齢層の被害が大きい!

’’

それでは、自動車事故による経済的損失の内容を詳しくみていきましょう。

そもそも自動車事故による経済的損失ってなに?

2012年4月~2013年3月の自動車事故による経済的損失額3兆2,406億円の内訳を詳しくみてみると、「物的損失額」は1兆7,958億円で全体の55.4%、「人身損失額」は1兆4,448億円で全体の44.6%となっています。

そもそも、経済的損失とはどういうものなのでしょうか。

経済的損失とは、一般的には「そのことが起こったことにより発生した費用」「そのことが起こらなければ得られたであろう利益」の合計額のことです。

今回参考にした日本損害保険協会の資料では、自動車事故による経済的損失を下記のように定義しており、救急搬送費、警察の事故処理費用、交通渋滞による損失額などは含まれていません。

・自動車事故による経済的損失の定義
人身損失額…自賠責保険および対人賠償保険に係るデータによる被害者の治療関係費、慰謝料、休業損害、逸失利益等の合計です。

物的損失額…車両保険および対物賠償保険に係るデータによる車両(自車両、相手車両)、家屋、ガードレール等の損傷復旧費用等の合計で、物損事故のみで済んだケースのほか、人身事故に至ったケースにおける物損部分のデータも含みます。

※人身損失額、物的損失額ともに、過失等による減額を考慮する前の損害認定実額で、保険金の支払額とは必ずしも一致しません。



自動車事故による後遺障害の経済的損失は、人身損失の約36%!

2012年4月~2013年3月に発生した自動車事故により死亡された方の人数は4,385人で被害者全体の0.4%、後遺障害を負った方の人数は59,797人で被害者全体の4.9%です。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.