くらし情報『お中元の基本をおさらい アラフォーなら知っておきたい礼儀作法』

2017年6月17日 12:00

お中元の基本をおさらい アラフォーなら知っておきたい礼儀作法

ただ、会社の規則や公務員といった立場上、贈答の受け取りを禁止されている人もいるので注意しましょう。金額は先方との関係や親密度によりますが、相場は3000~5000円。品物を選ぶときは、本来がお盆のお供え物だったことから食べ物を選ぶのが主流ですが、相手の好みや年齢、家族構成、健康状態などに配慮したいもの。たとえば、少人数の家庭や年配の方なら上質の高級品を少量といった具合です。また、毎年、同じものを贈るというのもひとつの方法。「お中元には必ずあの人から○○が届く」と楽しみにしてもらえるメリットがあります。生鮮食品を贈る場合は、あらかじめ先方と連絡を取り、受け取りに都合のいい日時を確認しておくといいでしょう。現金と同様の金券類は、特に目上の方には失礼になるので、贈るのは避けるのが正解です。

配送する場合は添え状をつけるか挨拶状を送るのが礼儀

85695084
お中元の目的は感謝を伝えることなので、本来は持参して挨拶するのが礼儀です。でも、お互いが忙しい現代では、お店から配送してもらうのが一般的になりました。とはいっても、品物だけを送りつけるのはNG。親しい間柄なら電話やメールでもかまいませんが、品物に添え状をつけるか、別途、挨拶状を送ります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.