くらし情報『女性らしく? 「ブーバキキ効果」を知って心のくさりを解き放とう』

2019年10月7日 22:00

女性らしく? 「ブーバキキ効果」を知って心のくさりを解き放とう

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

「ブーバ・キキ効果」ってなんだろう?

目次

・「ブーバ・キキ効果」ってなんだろう?
・ことわざ「名は体を表す」
・思い込みが自分を縛る
・「だから、できない」は、思い込みかもしれない
・わたしらしく生きることが幸せへの近道
image


「ブーバ・キキ効果」とは、心理学の用語で、写真の二つの図形を示し、どちらが「ブーバ」でどちらが「キキ」かを尋ねるというもの。すると、世界中どの国の人でも丸みを帯びた方を「ブーバ」、とがった角を持つ方を「キキ」と答える、という実験結果になります。さてみなさんはどうでしたか?日本語はオノマトペ(擬音語)が豊富な言語なので、この二つの形も、ふわふわ、ギザギザといった表現に近いほうを選ぶとも考えられますが、この実験結果はもともとドイツの心理学者、ヴォルフガング・ケーラーによって報告されたもので、言語や地域、年齢、性別を問わず、同じような結果が出ると言われています。

ことわざ「名は体を表す」

日本でも、「名は体を表す」ということわざで古くから言い表されていることとも通じるものがありますね。そのもののもつイメージから名が付けられることも、その名の通りのイメージがあとからつくのも、どちらもあるのでしょうが…。いずれにしても、名前や言葉のもつ「イメージ」は、人間の心理と深く結びつき、考え方にも大きく影響してくるものだということがわかると思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.