くらし情報『「私なんて…」謙遜はもう卒業! もっと自分を“肯定”して【自立美人のススメ#02】』

2018年2月23日 12:00

「私なんて…」謙遜はもう卒業! もっと自分を“肯定”して【自立美人のススメ#02】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・学校の成績が良かった人ほど陥りやすい「私なんて」
・結婚して子どもを育てている。それってすごいことなんです
・自分の“できること”にきちんと目を向けて
・“悲しみ”や“悩み”を「楽しみ」に変えられるのが自立美人
「私なんて…」謙遜はもう卒業! もっと自分を“肯定”して【自立美人のススメ#02】

学校の成績が良かった人ほど陥りやすい「私なんて」

「私なんて…」という方に共通する特徴、それは自分ができていること、できることを認めていない人なんです。できていることはたくさんあるのに、そのことには目を向けずできないことばかりに目を向けて「自分は何もできない」「私なんて」と思ってしまっているんですね。しかし、そういう方はとても真面目で、頑張り屋さんで、責任感が強く、学校の成績は優秀だった方が多いです。学校のテストは基本的には点数、数字で評価されます。ですから、優劣を意識しやすくなります。点数が良ければ優れているように感じ、点数が悪ければ劣っているように感じてしまいやすいんですね。“優越感と劣等感の世界”に陥りやすいんです。確かに数字で評価される成績は自己評価もしやすく「私は90点を超えている!私は〇〇が得意なんだ!私はできるんだ!」とすぐに自信に繫がりますが、人間の魅力、素晴らしさは数字では表せられないことが多いのです。

結婚して子どもを育てている。それってすごいことなんです

478169241


先日、勉強会を開催しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.