くらし情報『あなたは社会とどう関わっていきたいの?【自立美人のススメ#03】』

あなたは社会とどう関わっていきたいの?【自立美人のススメ#03】

2018年3月30日 12:00
 

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

関連リンク

・Da-iCE工藤大輝&江野沢愛美、初対面に感激 “ファン”パントビスコにコラボオファー?
・ガレッジセール川田、治療終え復帰へ 23日『にじいろジーン』出演
・りゅうちぇる、ブログを新開設 「パパのぼく、子供のこと」も投稿予定
あなたは社会とどう関わっていきたいの?【自立美人のススメ#03】

「生き方」と「働き方」はまったく別物

皆さんは社会と関わりながら生きていくことと、自分らしく生きることを混同していませんか?例えば、「生き方」と「働き方」。これって私はまったく別物だと思っています。けれど皆さんからのお悩みを聞いていると、生き方と働き方を一緒に考えて、辛くなってしまっている人がとても多いと感じます。自分らしく生きることと、社会の一員として働くことを混同してしまうと、どんどん迷子になってしまいます。自己肯定感の部分では、自分らしく生きることってすごく大事なことですし、自分という存在を大切にしてあげることは、生きていく上でもちろん必要です。けれど、社会の一員として働く上では それは別物と考えて欲しいの。例えば「自分の気持ちを大切にしたいから」と言って自分のやりたいように、働きたくないときは働かない、休みたいときに休む、ということをやりはじめてしまったらどうなると思いますか?クビになるか、クビにならなかったとしても会社には居づらくなりますよね。「自分の気持ち大切にしたい」のであれば、ぜひ、自分で起業してください。自分で起業すれば自分の思った通りに働けます。ただし自分の行動の全ては自分の責任になりますからね。自分らしく生きることと、社会人として生きていくこと。これは同じ「生きる」でも大きく違うんです。

自分らしくいたいから嫌なことはやらない?

803814040


「愛想なんてふりまきたくない」「楽しくないのに笑いたくない」「業務じゃないことを頼まれたけどやりたくない」 みなさんの悩みを聞いていると、自分らしく生きていきたいから、 無理にやりたくないことをしたくないと言うんですね。それでいて、会社の人が自分のことを理解してくれないと言う人もいます。けれど、それってどうなのかしら?だって当たり前ですが、相手だって人間です。気遣いができる人のほうが、絶対に愛されます。会社という社会で「自分らしく」を貫き通そうとしたら居場所がなくなっていくことは当たり前なんです。10代、20代の頃だったら自分探しと言いながら色々な仕事を転々として、自分に合う仕事や職場環境を探すこともありだと思うの。まだまだ未来はあるからね。けれどもう皆さんは十分に大人です。時間は有限だし、誰かに信用されることだって有限なんだよね。自分はどう社会と関わっていくのか?そこで大切なのは「自由に生きる」とか「私らしく生きる」とか「私を大切に生きる」ということと「社会を生きる」ということを別に考えることだと思うの。

SNSの使い方も要注意

社会の一員として、 組織の一員として生きていくのであれば 自分らしくはちょっと隣に置いておいて。社会に求められる生き方をすることは、自分を無くす生き方ではありません。 自分を大切にするために、自分のポジションは自分で作る。社会に求められる自分を演じられる、というのも あなたの魅力の要素なのです。また、社会との関わり方でもったいないなと思うのがSNSの使い方です。生き方と働き方を混同して、社会に発信しちゃっている人がすごく多いのよね。「上司がムカつく」とか「こんなことは私のしたい仕事じゃない」のような不平不満を本名で公開しちゃっている人をよーく見かけます。それ、言っときますけどみんなに見られてますからね。「社会人として、それは公表しないほうがいいのでは?」ということを、本名で書いてしまっている人が本当に多いんだけど、もしそれをやるならば、匿名で別のアカウントを作ったりするなどしたほうがいいわよ。会社名や相手の名前もすべて匿名でね。若い子だって本名は公表したりしないし、そこらへんはちゃんとしているからね。自分の発言と行動は、必ず自分に返ってきます。自分は社会の一員なんだということを忘れないでください。社会に出ている自分は女優でいいと思うんです。というか、女優である必要があると思うの。みんなもお化粧して会社に行くでしょ?綺麗な服を着て会社に行くでしょ? それと同じように、自分の中身も言葉遣いも仕草や笑顔も、メイクアップしていくの。プライベートの時だけ自分でいるほうが疲れないですよ。だって、自分らしさを追求するからこそ、社会で自分らしさが通用しないと傷つくんですよね。それが自分の演じている役の一つだったら、その役を何か言われたところで、本当の自分は別にいるわけだから傷つかないじゃない?“私”という生き方を大切にするからこそ、表では違う自分を演じてみることが社会と上手に関わっていくポイントになります。大人は、言葉を飾ることも大切ですよ。

自分を大切にしてくれる環境は自分で作る

639034410


人は独りでは生きていけないわ。そして社会は人と人との繋がりで作られています。自分を大切にしたい、自分を大切にして欲しいなら、まずは相手を大切にして。自分を大切にしてくれる環境は自分で作れるの。自分で作らないといけないの。その環境を作るためには、3つのステップがあります。ステップ1、自己承認ステップ2、他者からの承認ステップ3、他者を承認これは、1→2→3の順番でやることも、3→2→1の順番でやることもできますが、私のオススメは3→2→1なの。自分に自信がない、自分を大切にするのが難しい、という人はぜひ3→2→1をオススメするわ。 つまり、ステップ1の自己承認=セルフイメージから変えるのではく、 3の他者を承認=行動から変える方法です。あなたの周りにいる人を尊重する、褒める、承認する、立てる、感謝する、許す、許可する、信じて諦める、大切にする、愛する。などなど他者を承認する方法や言葉は色々ありますが、どれでもオーケーです。まずは両親からやってみましょう。そして子ども、兄弟、姉妹、夫などに感謝の手紙を書いてみてください。社会の最小単位は私とあなた。そして家族です。スグその瞬間には思った通りの反応は返ってこないかもしれないわ。相手と近い距離ならそれなりに心を開く時間もかかるかもしれない。でも信じて承認し続けて。言葉のプレゼントを渡し続けてください。相手を認めて、相手を承認して、相手を心から大切にするとちゃんと承認は返ってきます。その承認を今度はあなたが「素直に」受け取る番です。素直に受け取ると、次から次へと承認のプレゼントが届くことでしょう。 そうすると、自分のこともきちんと大切にできるようになる。それが自信に繋がるんです。環境は変えられます。そして環境が変わると自然と行動が変わります。その行動は、能力になります。その能力が自信になるんです。自信があなたのセルフイメージを作り出します。あなたの社会「環境」はあなたが作るんです。あなたの言葉があなたの未来を作り出します。コミュニケーション講師吉井奈々

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.