くらし情報『交通事故に遭ったらどうしたらいい?【弁護士が教えるかしこい交通事故相談所 #1】』

2018年9月25日 13:00

交通事故に遭ったらどうしたらいい?【弁護士が教えるかしこい交通事故相談所 #1】

▶この記事をWOMeのアプリでサクサク読もう♡コスメから大人の恋愛事情まで…

目次

・交通事故で生じる責任
・刑事上の責任
・行政上の責任
・民事上の責任
・交通事故で被害を受けたら
・被害者が請求できる損害
・事故の交渉はどうしたらよいか
・過失割合ってどうやって決まるの?


03

交通事故で生じる責任

交通事故を起こして人に怪我をさせた場合に発生する責任は3つあります。

刑事上の責任

交通事故を起こして人に怪我を負わせたり死亡させた場合は、自動車の運転により人を死傷させる行為等の処罰に関する法律(以下「自動車運転処罰法」という)により処罰される場合があります。交通事故を起こした際、警察が現場に来て聞き取りをしたりするのはこのためです。

行政上の責任

交通事故を起こした場合に、自動車免許が停止や取消になったりするのは行政の処分が出るからです。反則金を課される場合もあります。

民事上の責任

交通事故で相手の車両や自転車を傷つけたり、怪我をさせた場合に、その物や怪我に対して賠償する責任が民事上の責任です。損害額が多額になりがちなので、必ず任意保険に入っておきましょう。 事故の態様や被害の大きさによって異なりますが、全ての責任を負う場合もあるので交通事故は考えているより対処が大変です。

交通事故で被害を受けたら

970958674


あなたが交通事故に遭遇して被害者になった時に、やるべきことはなんでしょうか? 第一には警察に通報することです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.