くらし情報『ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】』

2019年7月16日 12:00

ライフシフト・ジャパン 河野純子さんインタビュー “やりたいこと”があるだけ<第一回>【#FocusOn】

目次

・男女雇用均等法施行の前年に就職活動
・27,8歳で初めて“人生のゆらぎ”を経験
・結婚してもしなくても多様な生き方があり自分自身がロールモデルになる
・河野純子さんプロフィール
Focuson 680 04


女性のための転職情報誌『とらばーゆ』の編集長を11年間務めたのち、住友商事で消費者向けの新規事業の立ち上げに関わった河野純子さん。現在はライフシフト・ジャパンの執行役員CMOであり大学院生でもあります。笑顔の素敵な河野純子さんにご自身の人生、働くということ、ライフシフトの考え方についてお話をうかがいました。第一回です。

男女雇用均等法施行の前年に就職活動

――今日はお会いできるのをとても楽しみにしておりました!どうぞよろしくお願いいたします。ありがとうございます。よろしくお願いします。――さっそくですが、河野さんは新卒でリクルートに入社されていますが、なぜリクルートに入ろうと思ったのでしょうか?

01 01


私は水戸の出身なんですが、高校時代はオシャレが大好きでファッション誌をよく読んでいたんですね。それで編集者になりたくて、大学でも社会心理学を学ぶことにしたんです。でも私が就職活動をしたのは男女雇用機会均等法が施行される前年で、ほとんどの出版社は地方出身の四大卒女性の新卒採用を行っていませんでした。そのなかで、リクルートとマガジンハウスが男女差別のないフェアな採用をしていて2社とも応募してマガジンハウスにはご縁がなく(笑)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.