くらし情報『いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート』

2019年7月13日 12:00

いい加減、自分で決めたい私の人生!【院内集会】取材レポート

目次

・“セクシャル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR)”という言葉をご存知ですか?
・#なんでないのシンプルに素直に声を上げた福田和子さん
・「日本は性暴力に寛容的」法改正を求め活動する山本和奈さん
・すべての人にとって有害なジェンダーバイアスを失くそう!
02

“セクシャル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(SRHR)”という言葉をご存知ですか?

001


「女性活躍推進」などと言われ、男性の育児休業取得率が徐々にではありますが上がってきている日本。それでも世界から見たらジェンダーギャップ指数は110位とまだまだ男女平等とは言えない現状があります。そんな中6月27日(木)【いい加減、自分で決めたい私の人生~グローバルな動きから見た”日本の女性の健康と権利”】という院内集会が参議院議員会館で開催されました。この会は、世界の妊産婦と女性を守る活動を50年に渡り続けてきた公益財団法人ジョイセフが主催で行われました。発表などを行ったのは、#なんでないのプロジェクト代表 福田和子さん、Voice Up Japn代表 山本和奈さん、日本家族計画協会理事長・産婦人科医 北村邦夫さん、全日本おばちゃん党代表代行 谷口真由美さん。開会挨拶は参議院議員の福島みずほさんが行い、数名の国会議員も会に参加していました。ところで、セクシャル・リプロダクティブ・ヘルス/ライツという言葉をご存知でしょうか?略して“SRHR”と呼ばれるこの言葉の意味は“性と生殖に関する健康と権利”。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.