くらし情報『“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】』

2019年9月20日 12:00

“離婚させ屋”の異名、探偵もこなす占い師 卯野たまごさん『ざんねんな手相』インタビュー<第二回>【#FocusOn】

目次

・離婚させ屋と呼ばれた占い師
・戦場で戦い疲れた戦士たち
・漫画家としてデビューし個人鑑定は終了へ
・今回のざんねんな手相【病気注意線】
・卯野たまごさんプロフィール
Focuson 680 04


前回のきじはこちらから手相を見てもらって「ざんねんな手相ですね」って言われたらショック…ですよね。しかし、実はそうではない。ざんねんな手相を把握した時こそ人生が好転するチャンス!その理由を卯野たまごさんにたっぷり教えていただきました。インタビュー第二回です。

離婚させ屋と呼ばれた占い師

――占いをしていてそのまま岡山に行っちゃった話(前回の記事参照)は本当に衝撃ですが、そういうことってよくあったんですか?

02 01


卯野さん:私、“離婚させ屋”って有名だったんです。離婚したい奥さんに「ちょっと今から夫に話をしてください」って言われて一緒に家に行って、奥さんと旦那さんと三人で夜を明かして、そのまま奥さんは「じゃ、仕事に行くから」っていなくなって、旦那さんとふたりでコーヒー飲んで「別れてやってくださいよ。お願いしますよ」とか言ったりなんてこともありました(笑)――それは…なかなかすごいですね。卯野さん:あとはどうしても離婚したいのにしてくれない夫に対して、奥さんと口裏を合わせて「奥さんが占い師にはまってしまって洗脳されている」という状況をつくり上げるんです。それでそれをわざと旦那さんに言うんですね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.