くらし情報『ロシア映画『私のちいさなお葬式』可愛いおばあちゃんのほっこり終活物語【沁みる映画 #12】』

2019年12月4日 12:00

ロシア映画『私のちいさなお葬式』可愛いおばあちゃんのほっこり終活物語【沁みる映画 #12】

目次

・突然の余命宣告!その時、母は…
・母強し!「息子に迷惑をかけたくない」という想いで生きながら死す!
・みんなエレーナが大好き!よき友人と共に自分の通夜でふるまうご馳走づくり
・自ら死に化粧も施して後は死ぬだけ。…でもね…
・人生の最後に叶えたいことはなんですか?
banner01


忙しい日常から離れて、映画の世界へトリップしませんか? 心に沁みる上質なストーリーをご紹介。今回ご紹介するのは可愛いおばあちゃんが大活躍するロシア映画の『私のちいさなお葬式』。しんみりシリアスな終活映画ではなく、どこまでもユーモラスで可愛い物語は観終わった後ほっこり温かな気持ちにしてくれます。【沁みる映画】第12回です。※あらすじの紹介と一部“ネタバレ”の部分もありますので、ネタバレがOKな方は是非お読みください。

突然の余命宣告!その時、母は…

ロシア映画『私のちいさなお葬式』可愛いおばあちゃんのほっこり終活物語【沁みる映画 #12】


(C)OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

ロシアののどかな片田舎に住む元教師のエレーナ(リーナ・ネヨーロワ)は、思いがけず余命宣告を受けます。難しいことはよく分からないけど、ドクターが言うには「とにかくいつ死んでもおかしくない!」とのこと。呆然としながら帰宅するエレーナの前に、元教え子のワレーラ(アルチョーム・レシチク)が現れ「鯉を釣ったけど売り物にならないから」と無理やり押し付けます。戸惑いながらも鯉を引き取り、とりあえずそのまま冷凍庫へ入れるエレーナ。この鯉がこれからストーリーテラーとして大活躍します!

ロシア映画『私のちいさなお葬式』可愛いおばあちゃんのほっこり終活物語【沁みる映画 #12】


(C)OOO≪KinoKlaster≫,2017r.

エレーナはその夜、倒れ病院へ搬送されます。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.