くらし情報『岩井俊二監督最新作『ラストレター』松たか子・福山雅治主演そして“あの”二人も…【沁みる映画 #13】』

2019年12月24日 12:00

岩井俊二監督最新作『ラストレター』松たか子・福山雅治主演そして“あの”二人も…【沁みる映画 #13】

目次

・主演は『四月物語』(98)の松たか子
・“ラブレター”のあった時代
・“過去”に囚われて生きる男と“今”を見つめて生活する女
banner01


忙しい日常から離れて、映画の世界へトリップしませんか? 心に沁みる上質なストーリーをご紹介。今回ご紹介するのは“あの”岩井俊二監督最新作『ラストレター』。40代ならば一度は観たであろう岩井ワールドがさらにパワーアップして新たな“岩井美学”を魅せてくれます。【沁みる映画】第13回です。※あらすじの紹介と一部“ネタバレ”の部分もありますので、ネタバレがOKな方は是非お読みください。

主演は『四月物語』(98)の松たか子

01


主役の岸辺野裕里を演じるのは、40代を代表する女優・松たか子。今回、核となる登場人物である遠野美咲の妹で夫・宗二郎(庵野秀明)と娘・颯香(森七菜)と息子・瑛斗と宮城県で暮らしています。映画は美咲のお葬式当日のシーンから始まります。裕里は美咲宛の高校の同窓会の招待状を美咲の娘・鮎美(広瀬すず)から受け取り、それがきっかけで物語はあらゆる方向へ時空を超えて展開していきます。

03


裕里は同窓会へ姉の美咲が亡くなったことを伝えに行きますが、完全に美咲と勘違いされてスピーチまでさせられてしまいます。高校当時、みんなのマドンナだった美咲。そんな美咲に恋をしていたのが福山雅治演じる乙坂鏡史郎です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.