くらし情報『今さら聞けない! クリーニングの基本ルール』

2019年10月9日 22:00

今さら聞けない! クリーニングの基本ルール

受付の人が素材やデザインその他から判断してくれるはずです。ただし洋服の素材と洗濯方法を示す品質表示タグがないと、クリーニング店としては困ってしまうようです。購入した段階で「この服はクリーニングに出すかも」と思ったらタグを外さないでおくこと。外しても取っておくようにしましょう。

戻ってきたらすぐに状態を確認する

200502664 001


クリーニングに出して一安心・・・。ウッカリ引き取りに行くのを忘れないよう気をつけましょう。そして服がクリーニングから戻ってきたら、そのままクローゼットに放置したりせず、すぐに状態を確認すること!あまり考えたくないことですがクリーニングに不備がある場合、クリーニング後に着用したり、引き取ってから時間が経ちすぎていたりすると、賠償の対象外になることがあるからです。状態を確認する意味でも、上にかけてある透明(あるいは半透明)のポリカバーは外してくださいね。このポリカバー、ほこりよけになるからと、次シーズンまでかけっぱなしにしていませんか?じつはこのカバーは外して保管するのが正解なのです。かけたままにしておくと湿気がこもってカビの原因になることも。衣類の保管には不織布などでできた保管専用のカバーを使うようにしましょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.