くらし情報『昨日まで平気だったのに… ある日突然発症する大人の食物アレルギー』

2019年11月8日 19:00

昨日まで平気だったのに… ある日突然発症する大人の食物アレルギー

偏頭痛、妙にだるい、肌が荒れる…実は食物アレルギーの症状かも

目次

・偏頭痛、妙にだるい、肌が荒れる…実は食物アレルギーの症状かも
・いきなり発症すると怖いのは「即時型アレルギー」。予防策は?
・花粉症の人は食物アレルギーになりやすいので注意
・美容のためのフルーツがアレルギーの原因に!?
182656128


食物アレルギーの症状で有名なのが「肌がかゆくなる」という症状。では、食べてからどれくらいでかゆくなると思いますか?実は、食物アレルギーの症状には、食後から約4時間の間に症状が出る「即時型アレルギー」と、約5~48時間後に症状が出る「遅延型アレルギー」があります。「即時型アレルギー」の症状は、発疹やむくみ、嘔吐、腹痛、下痢、咳、赤班(肌が赤くなること)のほか、のどが腫れて呼吸困難になったり、血圧が一気に低下して、場合によっては死に至るようなケースも起こります。多くの人がイメージする「肌がかゆくなる」という症状は、こちらに分類されると思います。一方、「遅延型アレルギー」の症状は、死に至るようなケースは少ないものの、偏頭痛やめまい、耳鳴り、倦怠感、下痢や便秘、情緒不安定、集中力低下、鼻炎、疲労感、にきび、肌荒れなど多岐にわたります。しかも、症状が出るまでに何度も食事をとっているため原因が分かりづらいのも特徴。特定するためには、専門の病院で検査や試験を繰り返すのが確かですが、気になる人は、毎日の食事と体調を書き留めておくと原因を知るヒントになるかもしれません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.