くらし情報『つけない方が良い場合も……下着がワークアウトを台無しにする5つのパターン』

2018年4月5日 11:00

つけない方が良い場合も……下着がワークアウトを台無しにする5つのパターン

つけない方が良い場合も……下着がワークアウトを台無しにする5つのパターン

ラインが出なくて胸が揺れないもの。下着を選ぶときに、ほかに何が大切かなんて考えたことないんじゃない?でも、甘く見てはいけないのがワークアウト用のブラとショーツ。ちょっとした胸の摩擦で、ランニング後のシャワーがしみる上に、通気性の悪いパンツは深刻な健康被害をもたらす。そこで今回は、専門家が日常的に耳にする下着にまつわる問題を総まとめ。

以下の過ちを犯しているなら、一刻も早く修正しよう。

ショーツを引き上げるために何度もダンスを中断している

リズムに乗ろうと必死になっている時に、ショーツを引き上げるためにダンスを中断するなんて最悪 (そもそも、ショーツがずり落ちていること自体が最悪)。問題なのは、集中力が途切れることだけではない。ペンシルベニア州フィラデルフィアのアルバート・アインシュタイン医療センターの産婦人科医で整骨医学博士のジャスティン・シェルトンによると、きつすぎるショーツや必要以上に高く引き上げられた状態での運動は感染症の原因に。

「下着がきつければきついほど、湿気、バクテリア、汗が閉じ込められる可能性が高くなる」

対策

ワークアウトパンツの下にショーツを履かないよう勧めるのは、アンダーアーマー所属のアスリートでフィットネス器具ブランド『NuFit』のクリエイターであるナタリー・ユーリン。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2018 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.