くらし情報『あの大ヒットドラマは“空亡ブレイク”だった! 中園ミホに聞く、低迷期の過ごし方』

2020年5月19日 20:00

あの大ヒットドラマは“空亡ブレイク”だった! 中園ミホに聞く、低迷期の過ごし方

目次

・「自分に都合良く」占いとの付き合い方
・うまくいかない時期の過ごし方は?
・人間関係に悩んだら…楽しそうな人のそばに行ってみる
あの大ヒットドラマは“空亡ブレイク”だった! 中園ミホに聞く、低迷期の過ごし方

『ドクターX ~外科医・大門未知子~』やNHK大河ドラマ『西郷どん』など数々のヒットドラマの脚本を手掛け、今期には『ハケンの品格』の13年ぶりの続編が放送される脚本家の中園ミホさんが4月に新刊『占いで強運をつかむ』(マガジンハウス)を上梓しました。

28歳で脚本家デビューするまで占い師だったという中園さんがいかに占いを味方につけ、人生に生かしてきたかについてつづられています。

NHKの朝ドラも大ヒットしたあの“月9”も「空亡期」(算命学では「天中殺」と呼ばれる運気が停滞する時期)に書かれたという中園さんに、占いとの付き合い方やうまくいかない時期の過ごし方について伺いました。

脚本家の中園ミホさん

「自分に都合良く」占いとの付き合い方

——28歳で脚本家デビューする前は占い師だったそうですね。脚本家になってからもドラマの出演者の運気を占ったり、スタッフとの相性をチェックしたりと自分のために占っているということですが、今回占いをテーマにしたど直球の『占いで強運をつかむ』を執筆された経緯を教えてください。

中園ミホさん(以下、中園):本にも「お金持ちから財布をもらうと金運がアップする」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.